随時受付中
『Private Lesson』



2007年12月09日

リスニングのための発音練習

発音の練習をしておくと、リスニングが楽になりますよ。

ネイティブが話すように話す練習をしておけば、自分が話す言葉と同じような言葉を聴くわけですから、耳に入ってきやすいですから。

ということで、『TOEICテスト 新公式問題集Vol.2』から少し例文をお借りしてやってみました。



どうでしょうかね?
posted by processeigo at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発音を教えるのにネイティブが良いのか?

よく“講師はネイティブだから”自然な発音が身につく、見たいな事を売りに掲げている英語の学校がありますけど、これ、ホンマですか?

勿論、本人の発音はネイティブなんだから、ホンモノなんでしょうけど、教えることに関してはまた別問題といえますね。

ネイティブは自然に身につけてしまったがゆえに、学習者が何が出来ずに困っているのかが分からないというケースもありますし、そもそも“ホンモノ”というのもどこからどこまでなのかも曖昧。

だって、日本語ネイティブでも、明らかにオカシナ発音で喋ってる人、たまにいますよね。訛りの問題もあるし。

別に、“ネイティブだからダメ”なんてことは絶対言えないし、言うつもりもないんですが、“ネイティブだから大丈夫”と短絡的に考えることも危険だぞというのは分かっておいた方が良いような気もします。
posted by processeigo at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会