随時受付中
『発音レッスン』
Skypeでもレッスン実施


3/18(土)に西宮北口で開催
『発音ワークショップ』
ただいま申込受付中!

2009年07月27日

「予想問題は追うな」の反響

『TOEIC漢方』第178号で、「予想問題は追うな」というタイトルの
文章を書きました。


「英語力を高めた結果として自然にスコアも上がる」ような漢方的な
アプローチに意義を見出して下さる読者の方向けに書いていますから、

「とりあえず英語力なんて二の次三の次、
 今はとりあえずスコアだけが必要やねん。」

という方には気分悪い内容だと思います。


一部引用します。
予想問題なるものが色んなところに出回っています。
書籍・メルマガ・ブログ。。。

中には過去の問題の要旨を再現してる物まで。


こんなもん、見たらアキマセンで。

「スコアは要るけど英語力を高めたくない」、
という人は別ですが。。。



最低です。

だって、ストーリー分ってるんでしょ?
設問も答えも読む前から分ってるんでしょ?


英語の力なんか付くわけありません。
見かけのスコアがちょっと良くなって気分が良くなるだけ。
百害あって一利なし、です。


■行きすぎたテスト対策は「悪」

過去問をあたるというのは、あらゆる試験対策の
鉄則ですが、それは「合格」という目的を達成する
ための方法論。


その試験で試されている知識や能力を高める
ための方法論ではありません。


その結果、「合格」なり「高スコア」なりの成果は
得られるでしょう。気分も良いですね。


でも、実力はついてませんよ。
特に TOEIC の場合。


TOEICのパート5なんて、出題される項目が
すごく少ないわけです。

だから、出題される文法項目や語彙を集中的に
練習すればこう正解率を得るのはそれほど
難しいことではありません。

それで出た高スコアにどれほどの意味があるんでしょう?


気分が良くなって、「自分は英語ができる」なんて
錯覚を起こすのが関の山じゃないですか。


ね? 気分悪いでしょ?


ただ念のために申し添えますが、“最低”とか“百害あって一利なし”
とか、“行きすぎたテスト対策は「悪」”とかの刺激的な言葉は、
「英語力を高めたい」と思っている『TOEIC漢方』読者に対しての
言葉です。

皆さんが予想問題を追いかけたり、再利用される可能性のある過去問を
読んでストーリーや答えを覚えようとするなら、それは皆さんの目的に
対して“最低”だし“百害あって一利なし”だし“悪”だという意味です。

それ以外の人が何を書こうが、何を読もうが、TOEICをどう使おうが、
私のとやかく言うことではありませんから。




さて、幾つかコメントをいただいたのでご紹介します。

某TOEICブログで予想などを出されて、それをみた方で正答数が上がった方もいるようですね。それでスコアが上がって何が自分のためになるのでしょか?
本当に意味のない事だと思います。過去の問題がリサイクルされているのを知ってて、ブログに予想問題などを掲載するのはいかがなものかと思いました。

コメント有難うございます。英語力の物差しとしてTOEICを捉える場合は
全く意味のない行為ですが、TOEICが持つ影響力のために、その行為が
大きな意味を持つ方もいらっしゃるのが現実なんだと思います。

私自身は、たとえスコアだけが必要とされているとしても目先のスコア
だけじゃなく、英語力を高めることを求めてほしいと思っていますが。

企業がTOEICのスコアを求めるのは“そのスコアに見合った英語力”を
求めているからだと思うからです。


繰り返しになりますが、過去に出た問題を覚えている人がそれを
ブログに書くことに対して、あるいは“スコアだけが欲しい”人が
そのブログを頼ることに対しては、私が言うことはありません。

私自身は絶対にしたくないことですが、人それぞれ違いますから。



△△△△さんの予想通りDPで2問リサイクル問題がありました。
○○○○は、10問分損したような気持ちになりました。
スコアだけが欲しくて英語学習しているわけではありませんが、
スコアが上がることは英語学習の動機付けとして励みになります。


“損したような気持ち”になる必要もないと思いますが(笑)

ご自身がどれだけ正解できたかが重要ですよね?
他人と比べてどうだったかが重要なのではなく。

スコアが上がることは動機づけになりますよね。
これは私も一緒です。満点が取れると嬉しいし、満点を逃すと
悔しくて次は満点を取りたいと強く意識します。

私の場合は解き終わる時間が短縮できるともっと嬉しいです。




私は「スコアだけが欲しい人」ではありません。
でも、英語はできるけどスコアはない、なんていう人今時いないでしょう。
だから、スコアも大切だと思いますけど。
やっぱり、受験前には過去問もやろうと思ってます。
(叱られそうだわ・・・)

“英語はできるけどスコアはない”という人に昨日お会いしました。
TOEICを受験した後に立ち寄った、大学時代に良く通った喫茶店で。

その方は外国人の旦那さんと英語でコミュニケーションを取っているし
お聞きしていても凄くスムーズに英語をお話になるんですけど、
試しに受けたTOEICでのスコアは500点台だったそうです。

TOEICとは全く無縁の生活をして入れば当然テスト形式も知らないし、
英語を使った仕事をしていなければ幾つかの素材はすごく縁遠いで
しょうしね。

過去問をおやりになるんですか?

ホンマの“過去問”って、一般的には入手困難ですよ(笑)

あ、別に叱りはしません(^^)


模試や予想問題をやること自体は“害”とまでは言えませんから。
それも英語を聞いたり読んだりする経験に違いはありませんからね。

やりすぎたりそれ以外に何もやらなかったら“害”になり得ますが。



あー、長っ。。。



人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

タグ:TOEIC漢方 TOEIC
posted by processeigo at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | TOEIC漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会