随時受付中
『Private Lesson』



2009年08月06日

お盆にイベント

8/13(木)か8/14(金)に西宮北口の西宮プレラホール会議室でイベントを行います。

ちょっとまだ詳細を決めきっていませんが、
『TOEIC漢方 リスニングセミナー』や『神戸TOEICまつり』の
流れを汲んだ内容になる予定。
(オイオイ。まだ決まってへんのかいな。もう1週間前やで。)


恐らく今日(8/6)中か明日(8/7)にはお知らせできるでしょう。




あ。『TOEIC漢方』の読者の方はお得になるかも知れません。



人気ブログランキングへ

TOEIC対策・茅ヶ崎方式 プロセス英語会@西宮北口英語のトレーニングセンター@西宮北口
TOEIC対策・茅ヶ崎方式 プロセス英語会



posted by processeigo at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントその他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

新公式問題集Vol.3の素材でタイムアタック

昨日(8/4)にアップロードしたかった、『TOEIC 新公式問題集Vol.3』の
素材を使ったタイムアタック。


一番最初(8/3)に録音した時は36秒台。

これが、8/3(月)の最初の録音。

ホンマはこの音声ファイル、14分以上あったんですが、さすがに
それじゃぁ聞くに堪えないんで、10分くらいカットしました。


この時点ではスクリプトを読みながらようやく20秒を切ったところ。


次に、今日(8/5)のテイク。

これは既に昨日(8/4)にもかなり練習して素材を覚え込んだ状態。
今日さらに練習をして録音した4本目の音声ファイルから編集した
ものです。


録音しながら全部で50分くらい練習してます。
それ以外に録音せずに練習した時間は不明。


ようやく18秒を切りました。

まぁ、それでも滑舌はあまり良くないですね。
もっとキレがあって欲しい。。


まぁ、こんな感じで追い込んでいくと最初のタイムからすると
半分くらいの時間にまで短縮できます。

これで結構、口のスピードが出ますし、それにつれて耳のスピードも
出てきます。

つまり、より速い英語についていくことができるようになるワケ。

私はこれを続けたことによって、一切先読みをしなくてもTOEICの
リスニングで満点が取れるようになりました。




音声ファイルでも実演しているように、言いにくいところを
集中的に練習してスラスラ言えるようにしてから全体をつなぐ、
繋ぎながらスピードを上げていく、という感じでやると効率的です。

この音声ファイルを録音する時は、録音するという目的のために
一刻も早く記録を出したかったんで常にストップウォッチで測って
いましたが、本当はスムーズに言うことを重視して徐々にスピードを
上げていく方が上手く行くしストレスもたまりません(^^;


(8/6 追記)
この記事にアップしていた音声ファイルは、
『TOEICテスト 新公式問題集Vol.3』の Part 4 の素材をそのまま
読みあげており、著作権上問題があると判断したため削除しました。

一方で政治家が公の場で行った演説は著作権保護の対象にならない
ようですので、今後、このような練習のデモは主に政治家のスピーチを
素材として取り上げたいと思います。


人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | タイムアタック練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

公式問題集Vol.3で

『神戸TOEICまつり』(8/9)で全員の方に練習してもらおうと思っている素材を
自分でもやってみている。

今日の課題はタイムアタック。

タイムアタックをかけることによって速く言う練習をするとともに
全文を記憶する。

タイムアタックと言うのは、読みながらやっているうちはまだまだ
伸びるポテンシャルがあって、ホンマの意味でのタイムアタックには
なってないんですよ。

まぁ、いわば予行演習みたいなもんです。
ゴルフの選手がツアー本番前にコースに出て練習するようなモン。

っちゅうよりか、
“F1レーサーが予選の前に練習走行するようなモン。”
と言う方が近いか。

とりあえず、コースを体に覚えさせないことには話にならないわけです。
行き当たりばったりでアクセル踏んでたんでは全然速くならないし、
下手したらコースアウトしてしまう。

コース全体がどういうレイアウトになっているのか、どこでどれ位
アクセルを踏み込めばよいのか、どこでどれ位ブレーキングをすれば
よいのか、最初は試しながら、回を重ねるにしたがって段々と体に
染み込ませていくわけですね。

タイムアタックも素材を覚えると言うのはコースレイアウトを覚える
ようなもので、どこをどう繋いで言えばスムーズに速く言えるのかを
研究しながら口やら舌やら喉やらが勝手に動くくらいまで刷り込んで
行くわけです。

(もちろん、大前提としてその作業の前に文の内容を理解している
 ことと、話しながらも意味を意識していることが必要ですが)


で、最初の記録:36秒台

本日の最高記録:19秒15

ただ、まだうろ覚えで、この記録はスクリプトを読みながらのもの。
多分、これまでに少なくとも全体を通して読んだのは30回を越えて
いるはず。

でもまだ「覚える」作業は本格化させていなかったので今日のところは
前頭葉で覚えた段階。

これを筋肉の記憶に変えないと真のスピードは出ません。
つまり口や舌や喉が勝手に動くくらいの刷り込み具合にならないと
限界は来ない。


明日には完成させたいですね。


一応、今日の練習の一部を録音してあるので、明日、めでたく目標を
達成できた暁には併せてアップする予定。



人気ブログランキングへ

TOEIC対策・茅ヶ崎方式 プロセス英語会@西宮北口英語のトレーニングセンター@西宮北口
TOEIC対策・茅ヶ崎方式 プロセス英語会

posted by processeigo at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タイムアタック練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

常野さんの本

常野雄次郎さんの新刊、

TOEICQuickCheck3&4.jpg
TOEIC Testクイックチェック Part3・4編


良いですね。何といってもリスニングの中で難しいとされる
Part 3 と Part 4 に絞って取りあげているというのが嬉しい。(^^)

Part 1 や Part 2 より難しいから敬遠されそうだけれど、遥に沢山の
モノが学べますよ。

日常のシーンを英語で表す表現が学べる Part 1 はともかく、日常の
会話のごく一部だけを取り出した Part 2 はあまり学ぶべきところが
ありません。

それに比べると、Part 3 は同じ会話でもセリフが3つなり4つなり
あって、文脈が出来ているからそれがそのまま場面別会話テキストに
なり得る。Part 4 も日常会話では使わないような一方的に情報を
伝えるときの表現や話の展開の仕方などが学べる。

つまり、英語力を付ける上でネタが豊富。

僕にしたら「ここをしっかりやらんでどうしますか?」という感じ
なんですが、『TOEIC Testクイックチェック Part3・4編』
気に入った点は、『本書が終わってからの活用法』というコーナーが
あること。

単に TOEIC の攻略法を練習するだけでなく、この本を使って英語力を
つけるための練習方法が紹介されています。親切。

そのなかで!



レシテーション」という練習方法が紹介されています。


そう。『神戸TOEICまつり』でやる Recitation です。

TOEICの素材を使って Recitation をやろうなんていうバカげたことを
勧めるのは私だけかと思っていたら、なんと、常野さんが本に書いて
下さってましたね。


素敵でございます。

私、常野さんのことは TBR に出演されているのをリスナーとして
聞いたくらいでしか存じ上げませんが、妙な親近感を感じますね(^^)



そういえば。


『神戸TOEICまつり』、Recitation の練習もできる≪8/9、8/30両日参加≫は
8/5(水)で申し込みを締め切ります。

お早めにどうぞ。
お申し込みはこちらから



人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

『神戸TOEICまつり』8/30のみ、受付開始!

『神戸TOEICまつり』(8/30のみ参加者)の受付を開始しました。

8/30(日)のメニュー:
会場:神戸国際会館 2号会議室(神戸・三宮 各線三宮駅から3分)
時間:午前10時〜午後4時45分
定員:32名

△TOEIC座談会(Morite2さん、JOYさん、てんま)
△TOEIC Recitation Contest(8/9の参加者)
△練習方法ミニレクチャー(てんま)
△Demonstration(オバマ大統領勝利宣言 by てんま)
△参加者同士の交流会(軽食付き)
△Morite2さんレクチャー(アウトプット関連)


8/30のRecitation Contestの審査員は、
▼大阪でTOEIC対策講座を中心に事業展開していらっしゃる株式会社オフィス・ジョイの社長、JOYさんこと土橋有香さん
▼東大生人気ブロガー(TOEIC満点&アメリカ移住への道)にしてTOEIC専門校エッセンスイングリッシュスクールでも教えてらっしゃるMorite2さんこと森田鉄也さん
▼Morite2さんの彼女でアメリカ人のPyperさん

にお願いしています。

参加特典:
★全参加者に、プロセス英語会 Web 会員に8/31〜9/27の間ご招待(2,000円相当)。プロセス英語会が提供しているメール課題(ERA)が月曜から土曜まで24回届きます。(ERAは英字新聞の記事などを素材にTOEIC形式の問題などを1日6問、メールでお送りしているものです。ERAの見本はこちらから

また、会員期間中は、解答・解説ブログ(一般には非公開です)で過去に出題された問題も見ることができます。

★オーディエンスの中から、上位入賞者を言い当てた方にも『TOEIC Test新公式問題集Vol.4』 をプレゼント。

『TOEIC Test新公式問題集Vol.4』は9月初旬に発売とのことなので、発売後に買ってお送りします(^^;  しばらくお待ちくださいね。

さて、参加費用はいくらかというと???
◎8/30(日)のみ(一般)   : 5,000円
◎8/30(日)のみ(サポータ): 3,000円
(両日参加者にお送りするメールに記載の専用申込みフォームから、ご本人が別途お申込み下さい)

※参加費は申込み後にお送りするメールに記載の銀行口座へ事前にお振り込みください。

です。


8/30(日)だけのご参加をご希望の方は、↓このフォームからどうぞ。



人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントその他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

第179号 TOEIC漢方 読解問題の答え

メルマガ「TOEIC漢方」第179号の読解問題の解答・解説です。

参照して頂く記事と問題は、
KANSAI: Who & What

Question:What do the three events have in common?

 (A) You can enjoy the event free of charge.
 (B) Reservation is needed to attend.
 (C) Further information is available via e-mail.
 (D) They are held in Osaka.


 
答を見る前に、ぜひ自分で考えてみて下さいね! 
メルマガ『TOEIC漢方』、まだお読みでない方は
右側にある登録フォームからご登録下さい。


それでは答えをどうぞ。

正解:(D) They are held in Osaka.
一つ目の文書の第1段落、2つ目の文書の第1段落、3つ目の文書の第3・第4段落から、これらが大阪で開かれることが分ります。

(A)もそれっぽいですが、間違いです。1つ目の文書の第3段落にあるようにこのイベントへの参加は無料ですが、第4段落に博物館への入場料が必要なことが書かれていますので、あてはまりません。

 
如何でしたか? また、次回、お会いしましょう。
あ、その前に人気ブログランキングへ

TOEIC対策・茅ヶ崎方式 プロセス英語会@西宮北口TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

ラベル:TOEIC TOEIC漢方
posted by processeigo at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。