随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2009年11月29日

第151回TOEIC公開テスト感想

受験してきました。

河合塾 全統模試
20091129Kwansei-1.jpg


ではなくて。。。


第151回 TOEIC 公開テスト。


でもね、関西学院大学の正面の門のところには
TOEIC の看板はナシなんですよね。

20091129Kwansei-2.jpg

あれ、TOEIC って、看板出さないんだったっけ?


まぁ、いいや。


今回も、寝不足気味で、なおかつ「最高点狙い&調査目的」の
よくばり受験のためにカラマワリしました(^^;


この「最高点狙い&調査目的」というのが曲者ですね。

基本的に全問正解しようと努力しつつ、1分1秒でも多く調査時間を
確保するために、リスニングセクションから大急ぎになります。

で、色々やりすぎてリスニングの前半(Part 1 とか Part 2)で
肝心の部分を聞き逃すっていう失態を演じてしまいます。

今回も Part 2 で2・3問「ココロここにあらず」の問題がありました。



さて、今回は、少し前から気になっていた、
「Part 7の設問の種類別の数」を調べてみました。
(と言っても大まかにですが。。。)


最近、Part 7 って難しくなってますよね。
というか、昔は最初の2・3問ってのはヤヤコシイ系の
設問ってあまりなかったと思うんですが、この頃は平気で出てます。

What is indicated about 〜? とか、
What is NOT mentioned about 〜? とか

の問題が、一つ目の文書についてきてますからね。。。


スパーンと Scanning だけで素早く解ける問題が少なくなって
来ている気がします。

時間や場所を問う問題がほんの数問くらいしかなかったと思うし、
文書の目的を問う問題でも1か所だけに注目してパッと選ぶのでは
なくて、文全体を読んで総合的に判断しないといけない問題が
あったりして。。。


それだけ、普段から量を読んでおく必要がありますね。


僕ももうちょっと読む量を増やさないと。。。


読むスピードも問題。。。
(って、ここ半年ぐらいずっと言うてるけど)



人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

ラベル:TOEIC
posted by processeigo at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。