随時受付中
『Private Lesson』



2010年02月07日

びっくりした!

TTTの前半が終了。

今日の午前中は昨日カバーしたパートのデモレッスン。

まずは各グループでやって互いにフィードバック、
その後で、全体に向けてデモレッスンをする人をグループごとに投票、
で、選ばれた人のデモレッスンをみんなで見てフィードバック、
という段取り。


僕の担当したパートはパート6

自分が解くときは頭から全部読むことが多いんですが、
今日の想定は現在のスコアが400点台を中心にした層なんで、
如何に時間を浪費しないかにフォーカスを当ててやりました。

んー。欲張って詰め込みすぎる癖は健在やなぁ(^^;
という自己評価とは別に色々とフィードバックを貰いました。
人からコメントを貰えるのはなかなか無い機会なんで有り難いですね。


で、休憩中にメンバーとお話をしていたらロバートさんが近付いて
来て、全体向けのデモをやれとのお話し。ビックリ!


有り難いことです!(ちょっと緊張するけどね。)
2回もフィードバックを貰えるなんて(それももっと多くの人から)
機会はホンマに貴重ですからね。


若干緊張しつつ迎えた休憩後、更にびっくりでした。


なんと、全体向けのデモレッスンは2人のみ。
全グループから1人ずつやと思い込んでましたぁ。

ヤバい、緊張するがな。。。

まぁ、緊張したところで得るものは無いんで、
ここは一つヒルキ直ってと。。。
(おい、人のをパクるなよ。っていうか、それは本人が
 使わないと機能せんやろ。。。)


2回目なんで1回目の反省や貰ったフィードバックを生かそうと思う
んですが、やはり人数が13倍になると緊張の度合いも高くなるし、
板書の大きさも声の大きさも目を配る範囲も断然大きく取らないと
開けないんで、そっちの調整で精一杯(^^;


結局、詰め込み過ぎの感はやはり拭えず。

JOYさんのような完璧なタイムマネジメントの力が欲しい。。。
TOEICのタイムマネジメントの方がレッスンのタイムマネジメント
よりも断然簡単な気がする。。。のは僕だけ?


さて、もうお一方のデモレッスンですが、パート1のレッスンを
ほぼ全部英語で展開!

面白い!


僕もレッスンでは結構英語を使っている方だと思うんですが、
説明を英語でやるのは(特にこの方が想定した高校3年生相手だと)
かなり勇気がいりますね。

でも、説明もジェスチャーを交えながらスピードも適度にコントロール
して、英語で上手くなさってて、高校生でも良く分かりそうでした。

僕はレッスンで英語を使うときに早口になりすぎる傾向があるんです。
ま、意図的に早めに喋ってるんですけど、ときどき聴き手にとって
速くなりすぎることがどうしても出てきてしまうんですね。

聞き手にとって理解出来る最速のスピードをうまく見つける訓練を
したいと思いました。


さて、次のセッションは再来週。
それまでに問題を作る課題があります。

担当はパート6とパート7の Single Passage。

パート5と7の問題は普段から『TOEIC漢方』で使ってる問題の
元ネタ(ERA)で作っているんであまり機会のないパート6が
当たったのは有難いです。

あ。設問だけならいつでもパート6形式を作れるんですけどね。
(んなら、もっとやれよ! まぁ、時間と手間がかかるもんで。。。)

ただ、今回は根本的に違うんですね。いつも僕のやってるのは
新聞記事を元にごく一部を引用させてもらって作ってる訳ですが、
この課題は元になる問題文も全部自前なんですよ。


これは楽しみ。
さぁ、どんな問題を作るかなぁ。。。


人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会



posted by processeigo at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。