随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2011年07月31日

TOEIC漢方(第248号)の答え

メルマガ「TOEIC漢方」の読解問題の解答・解説です。
答を見る前に、ぜひ自分で考えてみて下さいね! 


それでは答え・解答例をどうぞ。

読解問題の正解:(D) A governmetn official
第1段落に Cultural Affairs Commissioner Seiichi Kondo とありますが、彼が政府の方針について語っていることから、彼は政府の人間だということが分かります。

記述問題の解答例:
It will meet twice a month.(第8段落)


如何でしたか? また、次回、お会いしましょう。
あ、その前に人気ブログランキングの応援をお願いします!


今回の『TOEIC・考』では、
“読む力自体を高めようよ”という
タイトルでお伝えしました。

メルマガ『TOEIC漢方』はバックナンバーを公開していません。
お読みなりたい方はこちらのページからご登録下さい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
もっとやりたいという方は、プロセス英語会 Web 会員をどうぞ。
メール通信『Be Proactive』が届きます。その内容は、

・『ERA』(『TOEIC漢方』の問題と同じ形式で2問ずつ)
・『英語のヒント』(『TOEIC漢方』のTOEIC・考のようなコラム)
・『エイゴログ』(会員の皆さんの英語体験をご紹介)

これが週6日。1号当たりの分量は、記事3本で問題6問。
さらに、セミナー・イベントの割引(会員価格)適用もあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口 プロセス英語会TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

ラベル:TOEIC漢方 TOEIC
posted by processeigo at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとコレ、気になる。

何が気になるかというと、これ、

夏休み!英語落語鑑賞会です。

英語落語の第一人者、桂かい枝さんが大阪の天満天神繁昌亭で英語落語を
しはるんやそうです。


もともと僕は英語落語に興味があったんですね。


自分が英語で芝居をしていたというのが大きな要因でしょうか、
一人で複数の人間を演じ分ける落語という芸に興味がありました。


大学生の頃は深夜にやっていた『枝雀寄席』という番組をよく
診てた記憶がありますね。

桂枝雀一門の皆さんが総出演の番組でした。


枝雀さんの落語は、ちょっと王道とは違う彼独自の表現があって
ちょっと「ずっこい」感じがしない訳ではなかったけど、
結構好きでしたね。


「すみばせぬね」とか(笑)。

(スミマセンね、の意味ですよ)



で、その枝雀さんが始めはったのが英語落語ですわ。

テレビで何回か見た記憶があります。
(一遍、やってみたいなぁと思いつつ。)


ところがその枝雀さんがお亡くなりになって、英語落語という
ジャンル(?)も終わりなんかなと思ってたらそうや無かったんですね。


今は桂かい枝さんがやってはります。
あ、他にもやってはる人はいますけど。


実は僕、彼に直接英語落語を教えてもらいかけたんです。
て、大袈裟な。


何年か前に、ECC関係の専門学校で英語落語を学ぶ講座が
あった時期があるんですよ。で、その講座の講師のお一人が
かい枝さんやったわけ。

結局、当時の僕の仕事のスケジュールと講座の日程がかぶってて
説明を聞きに行くだけで参加することが出来ずに幻となった
ワケなんですが。


英語落語を聞けるとなると、なんとなくワクワクしますな。
天満天神繁盛亭も一度行ってみたかった場所やし。

スケジュール、調整できるやろか?


行けるようならまた感想でもアップします。




人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピーチしよう!

唐突ですね。

ま、いつものことですが。



単刀直入に言います。

「スピーチコンテストに出てください。」(笑)



いきなり言われても戸惑うかもしれませんが、スピーチを書いて
人前で話してみるという機会はそうそう得られるものではありません。


「第11回英語音読マラソンスピーチコンテスト」は、
一般の学習者が日頃の学習の成果を発表できる場です。

一応、コンテストという形にはなってますが、メチャメチャ上手い人
ばかりがネイティブばりに喋る大会ではありません。


普通の人が楽しく出場できる大会なんですね。


あ、そもそも何でそのことをここで書いてるか、ですが、
この大会は僕の知り合いで茅ヶ崎方式寝屋川校を運営する
イクオス英語学院の北川さんが主催するものなんですね。

で、僕もここ何年か審査員として呼んでもらってます。
あ、今年はJOYさんも審査員です。



さて、この「第11回英語音読マラソンスピーチコンテスト」は
北川さんがずっと取り組んできた「英語音読マラソン」の発表の場として
始まったんです。

北川さんは、英語学習に音読が有効だというのを聞いて自分もやってみようと
思い立ったものの、一人では続ける自信がないということで、サークルを
始めました。

英語音読マラソンというサークルです。


週に1回の活動の成果の発表の場として始めたのがスピーチコンテスト。
だから最初は、音読のテキストの一節を暗唱するのがメインだったんですね。

でも回を重ねるにしたがって皆さんの英語力も上がり、自分でスピーチを
書いてみようという方も増えてきて、自作スピーチ部門が拡大してきてます。

それでも、自作スピーチをする勇気がないという方のために「暗唱」の部門も
残っている、そんなコンテストです。


初心者の人も、かなり力のある人も参加できるコンテスト。


おまけに参加費がたったの2,000円


自分の考えをまとめて書く練習が出来て、それを人に聞いてもらえて、
いろんな人の英語・考えが聞けて、とても学習意欲の湧く3時間30分。


それが2,000円ですよ。


TOEICなんて2時間で5,000円前後しますからね(笑)。


こんなチャンスは年に1度しかないです。
是非、この機会を活かしてください。


コンテストの概要は、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日時:10月16日(日) 1:00〜4:30
場所:大阪市立 難波市民学習センター OCATビル4F
参加費:2,000円
審査員:石井隆之近畿大学教授、JOYさん、天満
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
です。

詳しくは、イクオス英語学院ホームページをご覧下さい。

お申込み・お問い合わせは、このページから、
主催者の北川さんに直接お願いします。



10月16日に難波でお会いしましょう!




人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会


posted by processeigo at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントその他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会