随時受付中
『Private Lesson』



2012年08月06日

TOEIC=生存権!?

昨日のセミナーで「なんでTOEIC対策」をするのかという
話をするのに閃いたのがこの言葉なんですね。

社内公用語が英語になるとか、スコアがないとリストラの
対象にされかねないとかってな話を聞いてると、自分の今の
ポジションを守るためにTOEICのスコアが必要な人というのも
それなりにいはりますよねぇ。

僕は個人的には「TOEIC=モノサシ」(ゆえに一切の対策は不要)と
言う世界であって欲しいなぁと思うんですけど、現実の社会はどうも

TOEICが

免許証(英語を使う業務を担当するために必要)とか
生存権(スコアがないと存在が脅かされる)とかの

ような捉え方をしないといけないような状況もあるようで。



どのタイプの捉え方をなさっている方にも役に立てる
存在でありたいなと願う今日この頃(笑)。


ウチのTOEICコースというのは、TOEIC の素材を使って
英語力を高めようというのが一番大きな柱なんで、
「免許証」という見方にほんの少し「モノサシ」的な
見方を振り替えてある感じですかね(笑)。


もう、『Be Proactive』とか『TOEIC漢方』で TOEIC に
出ないようなテーマを選びまくりやし(笑)。

外交とか政治とか地震とか脱原発とか尖閣諸島とか
ホンマ、アリエネー話題が塔叙します(笑)。


あ、一応、断っときますと、文のテーマは「アリエナイ」
ものでも、問題は「TOEIC で問われる出題ポイント」を
突くように心がけてます。

いわば、TOEIC 外の世界と TOEIC の世界の絶妙のバランス、
最上のアンサンブルを狙っとるわけですね。


(それはいったい何のノリやねん。。。)


イヤ、ホンマ、何を言いたいのか分からへんように
なってきた(汗)。


あ、そうか。


「生存権」とか「免許証」として捉えないとあかんケースも
あるけれど、それでも「TOEIC 対策」だけやなくて、もう少し
広めの範囲も見据えながら英語の力をつけていくように
していただきたいなぁ、という感じでしょうか。



ちょっと待ちいや。

これ、『TOEIC漢方』のネタに残しといた方が
良かったんとちゃうん?




 
posted by processeigo at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会