随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2014年05月29日

音を気にしようよ

外国語を学ぶのに発音を気にしないでやっていくって、ホンマ、
もったいないよなぁ、と痛感する今日この頃(笑)。


思うに、学校の現場でしみついてると思うんですよね。


「英語を英語っぽい発音で話すのが恥ずかしい」という
ワケのわからんイニシエーションが。


友達もカタカナ英語やし、自分もカタカナ英語で音読せんと
仲間外れにされそう、なんていう心理が働くんやと思い
ますけど、その被害たるや甚大ですよぉ。


カタカナ発音が染みつくまで繰り返しまくって、自分で
リスニングの壁を立ててるワケやから、何やってんねん?て
話しなんですけどねぇ。


英語は日本語と全然違う音の出し方をする言葉やのに
なんで日本語流で行こうとするかなぁ?

英語は日本語と全然違う単語を使うから、英語を話す
ときは英語の単語を使おうとする人たちが、なんで
発音になると日本語流で行こうとするのか不思議や
ないですか?


ホンマ、英語は英語の音で話しましょう。


 
posted by processeigo at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会