随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2014年05月31日

dだけを5秒くらい発音する練習

英語を英語らしく発音するのに、音節の数を守って発音する
ことが不可欠なんですけど、それをするためには、子音と子音を
連続して発音する必要が出てきます。


例えば、had goneっていうフレーズ。2音節です。

had と gone 。


でも、日本人は d と g をスムーズにつなげて言うことが
メッチャ苦手なんですね。

日本語では基本的に子音と別の子音を連続して発音することが
ないから。

日本語では子音を発音したら必ず母音が入ります。



で、hado gone みたいな感じになるワケ。


これ、母音が3つありますやん? ということは音節も3つになって
しもうてるってことですよ。

音節の数を2のままに保つためには、d の後に母音を入れないように
せなアキマセンねん。


で、それをするのに、子音をゆ〜〜〜〜〜〜くり丁寧に、最初から
最後まで発音するってことが必要になります。


タイトルに書いた通り、d という音だけを5秒くらいかけて
発音する練習を重ねて欲しいのはそのため。


d を5秒間発音できるようにならんと、英語らしい発音で喋るのは
不可能ですからな。


「はぁ? d を5秒? 出来るワケないやんけ」

と思うアナタは、6/13(金)の『発音ワークショップ』
ご参加ください。


僕が何を言うてんのか、分かるようになるハズです。




 
posted by processeigo at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。