随時受付中
『Private Lesson』



2014年08月14日

子音と子音をスムーズに

徳島に帰ってきてまして、子どもに振り回されてます(笑)。


で、徳島の夏と言えば阿波踊りということで、行ってきました。

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損


ということで、新町橋北詰でやってはる「新町橋宵々囃子」という
“定置型の連”で踊ってきました。

この「新町橋宵々囃子」というのは、鳴り物だけの連で
彼らが演奏している前の路上で、踊りたい人が輪になって
踊るというものですねん。


かなりお気に入り(笑)。



で、その隣には特設ステージがあって、そこでも色んな連が
踊っとるわけです。


そんな中に観光客向けの「にわか連」というのもあって、
特設ステージ前で踊り方のレクチャーを受けてから、市内の
演舞場を幾つか回るというヤツ。

参加者が観るだけやなくて実際に踊って参加するというのは
『TOEICまつり』に通じるもんがありまんな。

(て、ちょっと強引ちゃうか?(笑))


それはさておき。

その特設ステージで「にわか連」の参加者に向けた説明を
してるのを聞いとったんですけどね、中には外国からの
観光客もいるということで、一部、英語でも話してはったん
ですよ。


で、その英語がちょっと聴き取り難かったっちゅう話。


全体としてはスムーズに話してはるし、上手に聞こえるん
です。(まぁ、英語の説明のために登壇してはる訳やから
お上手なんは当たり前なんですけどね。)


ただ、やっぱり子音と子音をスムーズに移行してはらへん
ので、子音と子音の間に母音が入ることがあります。

それと音節の構造(子音+母音+子音)が崩れて、日本語の
ように「子音+母音」が単位になってるところがところ
どころ出てくるんで全般的に平べったい音になってしもて
ます。


もったいない。


個々の調音も大事やけど、やっぱり音節をきちんと発音するのは
英語を英語らしく響かせて理解しやすい話し方をするのには
不可欠やなぁと改めて実感しますなぁ。



 


posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

Kindle版出ました

ここに書くのを忘れてましたが、『TOEIC(R)テスト Part 5
文法をこれ以上無理やっちゅうほどやさしく教える本 』の
Kindle版がでました。


書籍版が1,008円(消費税込)なのに対して700円とお求めやすく
なっとります。


僕も早速DLしたんですが、iPhone では画面が小さすぎて、
ちょっと読みにくい印象ですね(汗)。

もう少し画面の大きい iPad mini なら結構快適な感じですね。


大きめの画面の端末をお持ちなら300円ほど安い Kindle 版が
おススメかなぁと思いますわ。



 
posted by processeigo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

『鬼ヘン』の音声サンプル

Tedさんが『TOEICテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング』
ダウンロード音声のサンプルを作ってくれました。

ここにあります。


この本、音声が8時間ほどあります。

『変速』なんで、鬼速(2.5倍速)から亀速(0.7倍速)までの
英語音声は当然入ってるわけですけど、それに関して僕ら3人が
やいのやいの解説してる音声もかなり充実ですよ。


特に紙面ではなかなか表せない音声面の解説を音声でかなり
やってるんで、ぜひぜひを買ったら音声ファイルはダウンロード
して下さいよ。


 
posted by processeigo at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

講演:「プレゼンテーションの極意」

Facebook で見つけた情報。

生駒市で 8/20(水)の夕方 18:30〜20:00の日程で
「プレゼンテーションの極意」という無料セミナーが
あるそうですわ。

講師はGarr Reynoldsさんという方で、プレゼン指導の
権威なんですと。(僕は存じ上げないんですが。。。)

「スティーブ・ジョブス流のプレゼン技法に日本文化「禅」を
 融合させたシンプルなプレゼンを学ぶ講演会です。」と
いうことで、さっそく申し込みましたわ(笑)。

生駒は1年ほど住んでた街なんでどんな感じに変わっているのか
楽しみでもあります。


 
posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントその他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

fとthとs

アマゾンでとある発音本のレビューを読んでいたら、
付属CDの音声が良くないという文脈でこんな1文を
発見しましてん。

お手本なのに子音の言い分けが出来ていない感があり、
s音・th音だけならまだしも、f音がs・th音に
聴こえてくる始末。


どんなCDなんやろ? いっぺん、聞いてみたい。


ただ、このコメント自体が非常に信頼性に欠けますねん。

後半の「f音がs・th音に聴こえてくる始末」って言うのが
非常にイタダケナイ。

f が th に聞こえるってのは、問題やありません。
単体で発音したらめっちゃ似てますよ、この2つの音は。

で、f が s に聞こえるってのは耳がおかしいハズ。
何しろ全然違う音です。

もう、h と t が違うくらい根本的に違う音です。
どう発音したって似るわけがないくらい違う音です。


僕の『発音ワークショップ』でも4回に3回くらいは
やるネタなんですけど、think と fink と sink を
聞きあてるというゲームをします。


最初のうちは結構、意見がバラバラなんですけど、ある程度
回数を重ねると、think と fink は聞き分けられない(つまり
意見が分かれる)のに sink を発音した瞬間に全員が満面の
笑顔で自信を持って sink! と答える、っていうね(笑)。


それだけ th と f は似てて、その2つに比べると s というのは
恐ろしく違う音なんですわ。


つまり、「f音がs・th音に聴こえてくる始末」っていう
コメント自体、2つのことをばらしてしまってます。

それは、このコメントを書いた人が、
1)f と th が似ていることすら知らない。
2)s と th が似ていると思い込んでいる。

いうことですよ。

結果として、この人にこのCDに収録されている音声の発音に
ついて適正に評価する力があるとは思われへん、ということに
なりますわ。



ふ〜〜〜〜〜〜。


Amazon のレビューって、ときどき思いますけど、こういう
ケースって目につきますよねぇ。

レビューワーが的外れなことを書いているのに、それが
それなりの影響力を持ってしまうって言うね、もう、ホンマ、
恐ろしい世界やわぁ。



 
posted by processeigo at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルグルメソッドセミナー

昨日(正確には一昨日)、大阪の摂津市で行われたグルグルメソッドの
セミナーに行ってきました。

その名称は耳にしたことがあって、実践してはる靜哲人先生
お名前やブログは拝見したことがあったんですわ。

で、以前に参加しはったJoyさんにどんな感じやったんか
お聞きしたこともありました。


あ、グルグルメソッドというのんの概要でもお話せんと
何の話かイメージできませんわな。


ザックリというてしまうと、円形に立ってそれぞれに
英文を口にする練習をしている生徒の発音を、先生が
グルグル回ってチェック・指導していくという教え方。


音読指導の方法ですけど、一斉指導ではなくて、一瞬とは
いえ、指導者と学習者が1対1で向き合ってフィードバック
するというのがミソですね。

ただ、参加する前はちょっと懐疑的やったんです。

自分が『発音ワークショップ』をやってて心地よいのは
やはり参加者が一桁の時なんですね。稀に20人弱くらいの
会場でやる機会があるんですけど、それはどうしても
自分にとって満足できる状況やない。

何がアカンて、フィードバックが充分にできんのですよ。


せやから、30人とか40人とかの大人数でやる発音に
注目したセミナーって、眉唾ちゃうのん? と思うてた
面がある訳ですね。

別の方で90人定員の発音セミナーなんちゅうのも
耳にしたことがあるけど、それって、効果あるんかいな?
と思いません? どうやって90人に対して個別に
フィードバックすんねやろ?


ま、それはさておき。

今回は約30名の参加者でした。


で、感想はというと、、、、





オモロイ。


いや、これや大いにアリでしたね。


ポイントは、一度に指導する内容を絞り込むこと。

課題文の長さは10〜15語くらいやったと思うんですけど、
その中に登場するすべての音を指導対象にするんやなくて
その中のいくつかの点に焦点を当てて練習・指導。

指導ポイントでないところは潔くスルーして、指導すべき
ポイントにピンポイントで手短にポンポンポンと指摘するんで
テンポが良いし、注意するところが分かりやすい。

実際に僕もある文で other の後ろの母音を失敗したん
ですけど、指導ポイントに関しては問題がなかったんで
一発OKを貰いました。


まぁ、僕の『発音ワークショップ』とか『発音レッスン』の
ように、単発参加型の状況では全体を網羅できないんで
効果的ではないんですけどね。

専門学校での授業なら15週にわたって定期的に授業が
あるんで活用できそうです。


どう取り入れられるのか、真剣に考えてみよう。



 
posted by processeigo at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

亀速のメリット

onihen.jpg

『TOEICテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング』の亀速。
オリジナル音声の0.7倍速で再生される音声のことですが、
これ、何のために入ってると思います?

等倍の並速でも聞き取れない人向け?


まぁ、確かに通常の速度では聞き取れない人がトレーニング
するためにも役に立ちますね。

じゃぁ、等倍で一応、聞き取れる人には何の役にも
立たないか、というと、そんなことはありません。


ウチの Web会員のKさんがそこに気付いてコメントを
くれました。

鬼ヘンの中にある、0.7倍の教材が発音の練習に役立つ
気がしてオーバラッピングしています。
音と音がつながる感じが等倍速度より良く分かります。



そうですねん。


発音矯正と、その結果としてのリスニングの精度アップに役立ちます。

0.7倍速の音声を聞くことによって、音と音のつながりがどう
なってるんかがより正確に分かりますから、自分が再現するのも
しやすくなりますな。

自分がより正確に再現できる音は認識しやすいんで、リスニングの
際にもよりストレスなく意味が取れるようになります。


例えば、equipment という単語の p から m に移るところが
どんな風になっとるのか?

普通は p は最後まで発音しませんな。

唇同士がくっついて息の流れが止まったら、唇を閉じたまま
声帯が振動し始めて(声が出始めて)鼻に息が流れ始め
ますねん。

て、この状態(唇が閉じて鼻から息が出る)は m の音が
出るときの仕組みやから、知らん間に p から m に移行
した訳やね。

その音から音への移行の仕方が手に取るようにわかるのが
亀速の最大のメリット。

あとは真似して出来るように練習して、いつでも再現できる
(=定着する)ようになるまで繰り返すだけ。


それができるようになると、リスニングは段違いに楽に
なりまっせ。

目立つ単語を手掛かりに、その前後にあるモヤッとした
ところを想像で補いながら内容を想像せんでも、最初から
全部クリアに聞こえるようになりますわ。


Part 3 & 4 で聴き取りに苦労しながらも、TOEIC 経験値で
カバーしてリスニング450点以上を取ってるような方にこそ
亀速をしっかり活用していただきたい!



 
posted by processeigo at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

『第20回TOEICまつり』最後のアクティビティ

9/7(日)に神戸で行う『第20回TOEICまつり』の4つの
アクティビティのうち、最後の一つを発表します。

比較的最近になって登場した定番の一つ、
『もしかしてダブルパッセージ』をやりましょう。


これはパート7の Double Passage の問題をみんなで力を
合わせて解くんですけどね、ひょっとすると、アナタの
パート7の解き方に革命を起こすかもしれません。


 
posted by processeigo at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントその他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

『発音ワークショップ』

明後日(8/9)の『発音ワークショップ』のお申し込みは
今日いっぱいで締切です。

英語の発音の一番大事なところを練習しましょう。
お申し込みはこちらから


 
posted by processeigo at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

『第20回TOEICまつり』アクティビティ

9/7(日)に神戸で行う『第20回TOEICまつり』のアクティビティ。

4つ行う予定の1つだけが決まっている状態でしたが、
残り3つのうち、2つを決めました!


1つは、Facebookの『TOEICまつり』グループの募集スレで
頂いた『アーモンドグリコ Part 5 & 1』を名匠Tedが
アレンジしたやつ、

もう1つは、2011年の初登場以来の定番アクティビティの
一つ、『伝音ゲーム 空耳かっ!』をやろうと思います。


最後の一つもほぼ絞れてきたので、明日くらいにはすべて
お知らせできるんやないかと思います。


今回、色んなアイディアを頂きましたが、4時間という枠の
中で採用できるアクティビティの数や種類に限りがあるため、
面白そうなものも涙を呑んでボツにせざるを得ませんでした。

次回以降のアクティビティ案として参考に致します。
有難うございました!


『第20回TOEICまつり』、ぜひ一緒に楽しみましょう。
詳細やお申し込みはこちらのページから



 
posted by processeigo at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントその他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

全体で3位ですぅ

アルクさんのオンラインショップのランキングを見てみたら
『これやさ』が全カテゴリーで3位に!
20140805-ALC-Online.jpg

で、TOEIC 部門では『これやさ』が1位、『鬼ヘン』が2位に
入ってますわ。アノ『直前の技術』と『究極の模試』を押さえての
1、2位!
20140805-ALC-OnlineTOEIC.jpg

まぁ、出たばかりのこに時期やからこそではあるんでしょうけど
それでも新刊が何でも1位になるわけでもないんで有難いことです。


 
posted by processeigo at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

そろそろ決めよう!

『第20回TOEICまつり』のアクティビティですけど、
そろそろ決めんとなぁ、と思うてます。

Facebookで頂いたアイディアもかなりオモロそうな
モノもあるんで、どういうバランスで選ぶか、悩み
そうですね。。。


楽しくてためになりそうなアクティビティを選ぼうと
思います。



 
posted by processeigo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

フロアとちゃうからぁ!

floor という単語、日本語でも使いますね。

フロア。


このカタカナが曲者。


日本語と同じような間隔で母音の「ア」を言うてしまうと、
もう、これは見事に日本語になってしまいますわ。


r ってのは子音やからね。

で、喉の底が響く子音やからね、母音の「ア」みたいに
あっけらかんと明るく響いたらアカンのですよ。

喉の底の野太い響きが聞こえんとアキマセン。


手っ取り早い練習方法は、声を下げること。

低い声を出そうとすると、喉の底の方で響くことに
繋がりやすいんですよね。


ベロの位置とか形とか、本質的には関係ありませんから、
しっかり喉の一番奥を響かせてくださいね。



なんのこっちゃ?


とお思いの方、8/9(土)の『発音ワークショップ』
実際に練習してフィードバックを受けてもらえば
ピンときやすいと思いまっせ。



 
posted by processeigo at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

対象レベル:200点〜990点

『TOEICテスト Part 5 文法をこれ以上無理やっ
 ちゅうほどやさしく教える本』、通称『これやさ』。

この本の対象レベルは、こう書かれてます。


「対象レベル:TOEIC TEST 200点から」


「から」


とだけしか書いてないんですよ。



どういうこと?



まぁ、表立ってはあまりアピールせんとは思いますけど、
目標レベルとして挙げてある「TOEIC TEST 500点」を
上回るスコアを持ってる人でも、知らんこといっぱい
書いてあると思います。


あ、どういう学習経歴をお持ちかによって、人の知識や
能力は全然違うんで、単にスコアで判断しようとすること
自体が間違えてるんですけどね。


文法をきちんと学習して基礎を固めてきた人は良いんです。

走やなくて、なんとなく TOEIC を受験するようになって、
単語本や対策本、模試本を使ってスコアを上げてきた人は、
意外なところが抜けてたりするもんなんですよね。


ということで、心当たりのある高スコアの方も、
是非お手に取ってみてください



 
posted by processeigo at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

こんなことになっとったとは!

ここ最近、『鬼ヘン』『これやさ』にレビューがついてないかと
Amazon のページを見に行くことが多いんですけど、

(あ、いや、気が早すぎるのは分かってますねんで(笑)。)

そうするとカスタマーレビューのコーナーのちょっと上に
ランキングが載ってるんで、こっちもついつい目に入ります。


で、「ほう、今日は『これやさ』は40位ですか。。。」とか
「うほっ、今日は『鬼ヘン』が9位ですやん!」とか反応して
しまうわけですが(笑)。


あるきっかけがあって、版元であるアルクさんのオンラインストアの
ランキングを見に行ったんですよ。えらいことになってます。
20140801ALC-OnlineTOEIC.jpg

そう、TOEIC部門で『これやさ』が1位、
『鬼ヘン』が3位になってます(汗)。


ついでに

20140801ALC-OnlineOverall.jpg

総合で『これやさ』が6位、
『鬼ヘン』が9位になってます(滝汗)。


まぁ、それぞれに頑張ってるんで、多くの方に手に取って
いただきたいワケで有難い限りです。


 
posted by processeigo at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。