随時受付中
『Private Lesson』



2014年08月09日

亀速のメリット

onihen.jpg

『TOEICテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング』の亀速。
オリジナル音声の0.7倍速で再生される音声のことですが、
これ、何のために入ってると思います?

等倍の並速でも聞き取れない人向け?


まぁ、確かに通常の速度では聞き取れない人がトレーニング
するためにも役に立ちますね。

じゃぁ、等倍で一応、聞き取れる人には何の役にも
立たないか、というと、そんなことはありません。


ウチの Web会員のKさんがそこに気付いてコメントを
くれました。

鬼ヘンの中にある、0.7倍の教材が発音の練習に役立つ
気がしてオーバラッピングしています。
音と音がつながる感じが等倍速度より良く分かります。



そうですねん。


発音矯正と、その結果としてのリスニングの精度アップに役立ちます。

0.7倍速の音声を聞くことによって、音と音のつながりがどう
なってるんかがより正確に分かりますから、自分が再現するのも
しやすくなりますな。

自分がより正確に再現できる音は認識しやすいんで、リスニングの
際にもよりストレスなく意味が取れるようになります。


例えば、equipment という単語の p から m に移るところが
どんな風になっとるのか?

普通は p は最後まで発音しませんな。

唇同士がくっついて息の流れが止まったら、唇を閉じたまま
声帯が振動し始めて(声が出始めて)鼻に息が流れ始め
ますねん。

て、この状態(唇が閉じて鼻から息が出る)は m の音が
出るときの仕組みやから、知らん間に p から m に移行
した訳やね。

その音から音への移行の仕方が手に取るようにわかるのが
亀速の最大のメリット。

あとは真似して出来るように練習して、いつでも再現できる
(=定着する)ようになるまで繰り返すだけ。


それができるようになると、リスニングは段違いに楽に
なりまっせ。

目立つ単語を手掛かりに、その前後にあるモヤッとした
ところを想像で補いながら内容を想像せんでも、最初から
全部クリアに聞こえるようになりますわ。


Part 3 & 4 で聴き取りに苦労しながらも、TOEIC 経験値で
カバーしてリスニング450点以上を取ってるような方にこそ
亀速をしっかり活用していただきたい!



 


posted by processeigo at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。