随時受付中
『Private Lesson』



2014年08月25日

カタカナ語、見直しまへんか?

英語を学んでると、日本語にはしにくい英語の単語に
出会いますやん?

で、日本語にしにくいっちゅうことは、その英語の単語に
特有で日本語の単語ではなかなか表しにくいニュアンスが
あるっちゅうことですわ。


て、さっそく出ましたな。ニュアンス。

あ、でもこれは「雰囲気」とか「意味合い」とかで
代用できなくもないよなぁ。

こういうのもありますな。ちょっと探せば日本語の単語が
あるのに、なんとなく英単語を借りてきてしまうヤツ。

僕は出来るだけ使わんように心がけてます。日本語なら
分かるのに妙に英語を借りてくるから伝わりにくくなる
相手もいると思うから。

英語教育・学習関係者がよく使うヤツで僕が極力さけようと
思うてるのがシェア。


「〜についてシェアします。」


て、結構、多くの人が平然と言うてしもうてますな。


シェアって元は share やから、これを「共有します」って
やると気持ち悪いのは分かるんですよ。


でも、「お伝えします」で充分ですやんか。内容はまさに
「〜についてお伝え」する訳やから。


英語を勉強してると一般の日本人が知らん英単語を覚える
可能性が高いわけやけど、闇雲に英単語を借りてきて
元からある日本語の単語を疎かにせんようにしたいもんやなぁ。



 


posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。