随時受付中
『Private Lesson』



2014年09月19日

一旦覚える

英語で喋るのって難しい、と思うてる人が多いと思うんですが、
これって視点を変えるとそうでもないんですよね。

喋るのに比べれば聞く方が難しい。


喋るのは自分が知っている単語を使って自分の快適な速さで
話せば良いけど、聴くのは語彙の選択もスピードも相手任せ。

(まぁ、遅すぎると相手がイラついてコミュニケーションが
 破たんする可能性はありますけど、自分でコントロール
 出来る範囲は聞くのに比べて圧倒的に広いのは間違いない)


それでも話すのが難しいと感じるのは、単に練習不足ですよ。


言いたいことを言うための道具を持ってへんワケです。
つまり使える表現とか文のパターンをインプットしてへん。

頭に入ってないものは当然、出しようがないんで、やっぱり
喋られへん、ということになるんですけど、それなら道具を
入れればよいという話ですわな。


で、入れるときに気を付けたいのは口で入れるっちゅうこと。
口を動かして疑似アウトプットをする過程でインプットが
進行していく訳ですよ。


せやから、TOEICの問題集でも、「これ、便利ちゃう?」と
思う表現があったら、とりあえず一旦何も見ずにスラスラ言える
状態まで持って行きましょ。

口に覚えさせるわけですよ。

口が覚えてくれると脳は楽ですよね。伝える内容に専念できます。
そうなってくると喋るのは楽になりますよ。


で、話せる内容は聞いても捉えやすいので、リスニングも
楽になるという、一石二鳥。


TOEIC の教材を使ってしっかりインプットしましょ。口でね。



 
posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。