随時受付中
『Private Lesson』



2014年11月06日

Twelve Angry Men

日本語では『12人の怒れる男』というタイトルになっている
この作品の戯曲を読んでます。


すでに何度か読んでるんですけど、名古屋と神戸でやる
『英語劇セミナー』の題材として使えるところがないかなぁと
思って読み返しているところ。

セリフのある役が12人出てくるので、なかなかうまい具合に
人数が数人で、ほぼ全員が均等に喋るシーンが見つけられるか
難しいところですけど、そういうシーンがあるんなら、是非
使ってみたい題材やなぁと思うてます。


 


posted by processeigo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。