随時受付中
『Private Lesson』



2015年02月02日

音節をモノにしろ

2/25(水)の午後7時から9時30分に、西宮北口で
『発音ワークショップ』を行います。

発音について注意すればするほど、『発音ワークショップ』を
やればやるほど、痛感するのは、

英語の音は日本語と仕組みが全然違う

ということですね。


もう、ホンマに違う。


音節の構造が違うだけなんですけど、それでこんなに
全然違う響きになるんかと思うとビックリします。

日本語の音節は【子音+母音】で完結します。
【母音】だけの音節もありますね。

文末の「です・ます」のように、「す」の最後の母音を
発音しないために【子音+母音+子音】という形に
なっている音節も存在しない訳やないんですけど、
まぁ、大半の音節が母音で終わります。


英語の場合、全て【子音+母音+子音】になってます。
辞書の発音記号を見ると、【母音】だけの音節や
【子音+母音】で終わっている音節もあるように
見えますが、そういう場合でも隣の音節に【子音】が
あれば、それをコピーして【子音+母音+子音】という
形にして喋ってます。

例えば about という単語。

辞書を見ると、a・bout と書かれてるハズ。


最初の音節は【母音】だけのように見えますよね。

でも、実際に話すときには、ab・bout のように
発音されるわけです。


英語ネイティブの人たちが日本語を話した時に訛って
聞こえるのは、この音節の違いが原因。

別に英語の音が強いからやないんですね。


音節のつくりが違うから響き方が全然違うんです。


これって、もう全ての音節で起こってることですから、
英語の発音の根幹をなすことです。


個々の音を何十年練習しても、音節の構造を無視してたら
英語らしい響きにはなりませんからね。


【音節】の形を守って話す話し方を練習しに来てください。


 


posted by processeigo at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペースメーカー

ウチの会員さんから頂いた有難い言葉シリーズ(笑)。

Web 会員のTさんからのコメントです:
ERAをしているおかげで、忙しくても読もうという
気になります。


ERAというのは、会員向けのメール通信『Be Proactive』
メインコンテンツで、英文ニュースサイトの記事をベースにした
3種類の問題です。

Extensive Reading Assignment の頭文字をとってERAと
呼んでいます。


週に6回、1回ごとに3つの記事を選んでお送りしているんで、
毎日英文を読むきっかけがある訳ですね。


これに限らず、何かを学ぶときにペースメーカーを作る
いうのは、成功するための1つの方法ですよね。

これまでに、TOEIC のコースなどに英語を教えている方が
通ってくださっていたこともあるんです。不思議でしょ?

教えてはるくらいやから英語力を維持・向上するのに
どうしたらよいか、自分なりの方法をお持ちのハズ。


それやのにワザワザ通うというのは一見、無駄な出費に
思えますわ。

ただ、彼らが決まって口にしたのは、「自分だけやと
自分自身の英語力向上を後回しにせざるを得ない」と
いうことでした。


自分にとっては付加が高いとは言えない(けれど時間は
かける必要がある)授業の準備とか、家事とかその他
諸々の用事があって、自分自身の英語力を高めるために
時間を割きにくい状況にあるというんですね。


そこで、お金を払って通うことによって、英語に割く
時間を確保しているわけですね。僕に教えてもらうことを
期待しているというよりは、僕という人間を利用して
英語に触れる時間を買っているという感じでしょうか。


英語というのは我々の環境では【外国語】なので、意識して
接触頻度を高めていかないと、ドンドン忘れるばかりで
なかなか力がついていきません。


何かの学校に通うとか、通信教育を利用するとか、周りの人と
学習内容を約束するとか、他人とのかかわりを使って自分に
強制させる仕組みを作るのは成功するために出来る良い方法やと
思いますね。


なにかペースメーカーになるものを作ってみましょう。



 
posted by processeigo at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウトプットするTOEICセミナーやろかな。

3月18日(水)から『TOEIC730点コース』を開講する
ことにしました。

今回はちょっと新しい試みをしたんですよね。

これまで、コースの中でやっていただく練習内容とか
取り組み方とかをお話してたんで、初回の授業が
バタバタしてしまってたんですよね。


それとウチの『TOEIC730点コース』は問題を解いた後の
英文素材の内在化をかなり時間を取ってもらってやるのが
ミソなんですけど、申し込み前にそれをより分かって
おいてもらうために、シラバスを見れるようにしました。


レッスン内外で何をするのかをより正確に分かっていただいた
うえでお申込みいただけると、それぞれの受講者の方にとっても
他の受講者にとっても僕にとっても有益ですからね。


ぜひ一度、シラバスに目を通してからお申し込み下さい



で、本題ですわ。


『TOEIC730点コース』でやっているのは、パート3の会話や
パート4のトークを出来るように、パート6やパート7の
文書が書けるようになるって欲しいからなんですね。

自分が普通に話せる内容、普通に書けるないようなら、聞いたり
読んだりするのは圧倒的に楽なので、アウトプットできるような
訓練をやろうとしてるわけですね。


で、思いついたんですけど、パート3の会話とか、パート4の
トークをゼロから生み出してもらうワークをやるセミナーを
やってもオモロイかなぁ。。。


会話の大まかな設定をする訳ですよ。

カメラさんの店員と数日前にメガネを買ったけどボディの傷に
気付いたお客さんの会話、

とか、

空港でロンドン行きFW730便が悪天候のために3時間遅れるのを
お知らせするアナウンス、

とか。


シチュエーションを書いた紙を貰って15秒後に話し始める、
なんてのをやると力つきそうとちゃいます?


ホンマ、やろかな。。。


 
posted by processeigo at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。