随時受付中
『Private Lesson』



2015年03月31日

コツと練習

だいぶん前の話になりますけど、ウチのWeb 会員Kさんから
こんな感想をもらいました。

タイムアタックを始めた当初に比べて250wpmに
到達するまでの時間が縮まってきました。



タイムアタックというのは、「これ以上速く言えない」という
究極の速さで英語を口にする練習。

当然、日本語訛りのきつい状態では速くは話せないので、
発音にも注意します。

で、「限りなく速く」というのが本来の目標ではあるものの、
ひとまずの目標として 250 wpm という値を設定しています。

wpm は words per minute のことで、1分間に何語の速さで
話しているかを表す単位。


CNNとかBBCとかで 200 wpm なんてことを耳にしますから
250 wpm というとかなり速いことになります。


速く言うためには、当然、ネイティブスピーカーたちが速く
話しているときの様子をよく聞いて真似るということが必要
なんですが、その前の段階で、発音がしっかりできていることが
大切。

ここでいう発音というのは、不要な母音や不要な声門閉鎖を
入れていなくて、子音が連続する際に先行する子音の後半部分を
発音する前に後続の子音を発音し始めるという英語の正しい
話し方ができているということです。

個々の音素の微妙な違いなんかは、まぁ、良しとして、上で
挙げたようなポイントができてないと、いくら頑張っても速く
言えません。


タイムアタックをするうえで大事なのは、まずはこういう正しい
音の出し方ができるようになること。

そのコツをつかんで、練習を重ねることで意識しなくてもできる
状態に少しでも近づける必要がありますね。


コツと練習。


頑張りましょう。


 


posted by processeigo at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。