随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2015年06月01日

これは凄い!

TEX加藤さんの新著、『新TOEICテスト文法問題でる1000問』が
届きまして、パラパラとめくってみました。

凄いの一言ですね。


まぁ、まず問題数が1019問あります。
これぞホンマの千本ノック(笑)。


これ、ランダムに放り込んでいる訳やなくて、出題パターンに
応じて必要な問題数を割り出して、その数だけ収録してある
わけなんで、その準備段階の作業を想像するだけで気が遠く
なりそうです。

僕が『これやさ』を作った時、80問を選ぶのだけでも悩み
まくったのに、それの13倍以上ですからね(滝汗)。

収録されてるのは1019問やけど、用意した問題っていくつ
あったんやろ。。。『これやさ』でも200問くらいから絞って、
さらに幾つか作ったりつくりかえたりしましたもんね。

まぁ、元の200問がメルマガで配信したものを活用したから、
本用に「このタイプを何問」と決めて用意したわけやなくて
似た問題が必要以上に多かったってのはありますけど。。。


なんせ1000問以上やから、似た問題になってしまってボツに
したり作り直したりっていう作業が結構大変やったんと
ちゃうかと想像します。


で、まぁ、文法問題しか扱ってないのに本編だけで480ページ
以上あるんで、かなり丁寧に解き方とか文法のルールを説明
してくれてます。

「5文型のおさらい」なんてところから説明してくれてるんで
読み続ける意志さえあればかなりスコアが低い人でも大丈夫や
ないかと思いますけど、一応、著者の想定としては既に500点を
取っている人が対象ということのようですね。


 
posted by processeigo at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会