随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2015年06月02日

パート5の解き方

TEX加藤さんの『新TOEICテスト 文法問題 でる1000問』ですけど、
興味深い記載があるんですね。

それは、パート5の問題を文頭から読んでいって解けという指示。

その根拠として挙げてはるのは、一定のレベルを超えると
空所の前後だけを見て解こうとするとかえって解きにくかったり
間違えるリスクが高くなる問題があるから。


それよりは、英文の構造や意味を捉えて短時間で判断できる
地力をつけていくことを目指した方が最終段階で理想的な
実力と解き方を身に着ける早道になる、というわけです。


これもまたおっしゃる通り。


僕の印象では、空所の近くだけを【見て】解くという解き方は
600か730近くあたりで卒業していく意識が必要なんやないかと
思います。


空所の近くだけを見たら(A)が魅力的やけど、もう少し視野を
広げたら(C)が正解、というような問題というのは意外とたくさん
あるもんで、時間の節約が大事とは言え、いつまでもその解き方を
続けるのは得策ではありません。

それなら、「500点が最終目標」というような人を除いては、
最初から読んで得という解き方を練習しておく方が良いのかも
知れません。


 
posted by processeigo at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会