随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2015年06月10日

難しさは相対的

ウチのWeb 会員のかたからいただいたコメント。
1000語以上の英文記事を読んだ後に500語程度の英文読むとかなり楽に感じます。

そらまぁ、そうですわ。

TOEIC とかで「長文が苦手」って思ってる人は根本的に
読む量が足りなさすぎるんですね。


TOEIC のパート7って、長文って言うてもせいぜい長くて
350語です。それも、300語前後の長さになるのって、最後の
ように歩かないかで、大半は250語くらいまでです。

まぁ、Double Passage に関してはr2文書を合わせると
300語を超えるのも珍しくないけど、1つ1つの文書は
200語くらいとかの長さやから、大した長さやないんですね。


ウチのメール通信『Be Proactive』のメインコンテンツ、
ERAで取り上げる記事は、まぁ、だいたい400語くらいはあります。

ごくまれに200語未満の記事を使うことも有るし、200語〜300語くらいの
ものもそれなりに登場するけど、大半は400語以上やないかと思いますわ。


で、長いのになると、1,000語を超えます。ごくごく稀に、2,000語を
超えるものが登場することもあるくらい。


まぁ、2,000語越えはかなり珍しいけど、ちょこちょこ登場する
800語とか1,300語とかの記事になれていると、TOEIC の300語
くらいってのは相当短い感じです。


普段から、400語、500語、600語という長さの英文記事を読み
慣れてたら、それも一定のスピードで読み慣れてたら、TOEIC の
パート7は恐れるような長さやないんですね。


普段から色んなもんを読んで、TOEIC のパート7が短いと感じ
られるようにしときましょ。


 
posted by processeigo at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会