随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2015年06月18日

ハーフ模試

今日、近畿大学の TOEIC 講座でハーフ模試をやりました。

一気に解く練習をするのは大事ですね。インプットと
アウトプットの両方を鍛えないと正解数は増えません。


英語力を鍛えるのに音読とかコピーイングとかタイムアタックとか
暗唱とか、障害物音読とか色々やっても、それだけでは足りません。

こういうトレーニングは英語力を鍛えてはくれるんやけど、内容が
理解できても質問の答えを選ぶことができなければ、理解できている
ことを証明できないわけですね。

で、この「正解を選ぶ作業」は制限時間内にやらないとイケマセンから、
実際のテストと似た環境で答えを選ぶ練習をせなアカンわけですね。


たまには2時間で200問をやりましょう。

それがしんどいならせめて1時間で100問とか、リスニングだけ100問とか
リーディングだけ100問とかをやりましょう。


 
posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会