随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2015年06月21日

英語を自然に話すために

日本人が英語で演じる芝居とか落語を聞いてきましたけど、
なかなか自然に聞こえる英語を話す人って少ないんですよね。


僕が耳にしたことのある中で、ホンマに自然に豊かな表現力で
話してはるのって青谷優子さんくらいしかいませんわ。

少し基準を下げると一気に増えるんですけどね。


ただ、せっかく英語で感情を表現してるのにすごく不自然に
なってしまうのってもったいない気がしますわ。


それは表現として決まった台本を読んでいるとか演じているとか
だけやなくて、その人が普通に英語でコミュニケーションを
取っているときもやはりそのぎこちなさが残ってると思わ
ざるを得ないから。


覚える手前の状態でぎこちないのは、まぁ、ある意味仕方が
ありません。セリフなり地の文なりのある部分の表現の仕方が
しっくりこなくて悩んでる段階というのは絶対ありますから。

ただ、人に聞かせる段になってもぎこちなさが残ってるというのは
そもそも自然な話し方ができないからですよね。


自然に楽に話ができて、気持ちをうまく表せる話し方ができる方が
ぎこちない話し方しかできないより、コミュニケーションも楽に
スムーズに図れるはず。


そういう【自然な話し方】を身に着けるための学習の場を作りたいなぁ。


 
posted by processeigo at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会