随時受付中
『Private Lesson』



2015年07月22日

結構えぇ感じ。

今日は『発音ワークショップ』でした。

今日は5人の方にご参加いただいて2時間練習しましたが、
皆さん、それぞれにスムーズに話せるようになってました。

日本語話者が英語を話すと、ほとんどの人がブツブツ切れた
話し方になります。声門閉鎖って言いますけど、声帯を閉じて
息を止める動作を僕らは無意識のうちにしてしまうんですね。

日本語がそういう話し方をする言葉なんで、英語になっても
癖が抜けへんのです。


問題は、英語では声門閉鎖があまり起こらんということ。


声門閉鎖をやりまくって喋っていると、響きが全然英語らしく
ないだけでなく、イライラしているような印象になってしまって
耳触りになります。


声門閉鎖をやめなあかんわけですが、その大きなヒントになる
のが、音節を守って話し続けるということ。


英語の音節は【子音+母音+子音】という組み合わせになってて
前の音節の最後の子音と次の音節の最初の子音をスムーズに
つないでいけば、声帯を閉じるヒマが無くなるんですね。


今日の皆さんも、音節を守って喋ることで声門閉鎖がほとんど
怒らない状態になってました。


まだ意識しておかないとすぐに元に戻る状態ではあると思い
ますけど、とりあえず、クリアしないといけないラインは
皆さんクリアしはりましたんで、このまま声門閉鎖と音節を
いしきして練習を続けてほしいと思いますね。


 


posted by processeigo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。