随時受付中
『Private Lesson』



2009年08月25日

フォーレライって。。。

最近、Michael Jackson さんのベストアルバムを聞いてます。

ずーっと聞いてなかったんですが、お亡くなりになって無性に懐かしく
なってね。。。


で、前々から「フォーレライ」って聞こえてた部分があってねぇ、
別に意味も考えようとも思ってなかったんですよ。

音楽だから意味が分らなくてもそれなりに楽しめてしまうもんで。


どこに出てくるかというと、"Thriller"の一番最後。
このPVなら3分50秒あたり。



これねぇ、歌詞カードを読むと、Thriller って言ってることに
なってるんですよ。



えーーーー。うそやろ???


と思って、もう一回聞いたら、




言うてました。


おもっきりハッキリと Thriller って。


このリスニング力、なんやねん(汗)


っちゅうか、あんなにゆっくり Thriller って
言うてるとは思わへんやん。。。。




人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会



ラベル:発音
posted by processeigo at 17:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語スピーチの練習が楽しく、てんま先生のブログ楽しみにしてます。

先生も触れておられる、英語喉 なるメソッドを知り、本や著者のブログを見させていただきましたが、??? という感じです。著者はyou tubeにアップされるなどなかなか熱心な方なのですが、てんま先生とは異なりこの方の英語運営能力には疑問符をつけざるを得ません。a set of advices などちょっとした文法上の間違いはご愛嬌として、スピーチはどう聞いても、中級ちょっと程度の日本人にしか聞こえません。確かによく通る声ですが、明らかに発音の間違いがありますし、流暢さにも欠けます。同様の意見は、amazonの書評にも多く見受けられました。もちろん、著者本人が完璧に実践できなくても理論そのものがすばらしいということもあるでしょう。すぐれた理論をもつ指導者が一流のathleteやmusicianを育てることはできるわけです。しかし、ご自分自身でそれを証明できなければ、できるようになったサンプルの上達過程を例証していただかないと説得力がないと思うのです。残念ながら、you tubeなどに自分のスピーチをupされている喉実践者のほとんどは、井戸の底から幽霊がうめいているような音声で、nativeと同じになったなどとお世辞でもいえる人はいないようです。結局、“英語が上達するにはnativeとたくさん話すことだ”と、喉先生は至極ごもっともなことも言っておられますが、この教材で多くの方が遠回りをされているのではないかと危惧するしだいです。天満先生はいかがお考えですか?
Posted by しがない英語学習者 at 2009年08月26日 16:11
しがない英語学習者さん、

コメント、有難うございます。
『英語喉』は、説明の仕方が他の書籍とは違うので分りにくいという
感覚をお持ちになる方も少なくないようですね。

私も正直、最初書店で見たときは「胡散臭い本」という認識でした。
ある事がきっかけでもう一度手に取ることになった訳ですが、私は
この本のお陰で自分の発音に著しい向上があったと思っています。

(『英語喉』以前の音声を全く残していなかったので客観的に
 比較できないのが残念なのですが。。。)

また、学習者の皆さんにとっても『英語喉』は有益だと考えています。
(だからこそブログでもホームページでも紹介しています。)

いくつか理由がありますが、
1.喉で息の流れを止めないという根本的な部分を説明している。
2.ネイティブが自然に話している時には殆ど口を動かしておらず、
  その現実にあった説明がなされている。
3.子音が連続する際に起こる現象が非常に分り易く説明されている。
と言ったところが主な点でしょうか。


「西宮一発音にこだわる」と言いながら、私自身は一般の日本人が
ネイティブと全く同じ話し方が出来るようになる必要があるとは
思いません。ある程度近ければ“楽になる”とは思いますが。

まず“楽になる”のはリスニングにおいてです。彼らが話している
際の喉や息の使い方が自分のものになると、音から意味を捉えるのが
“楽に”なります。

かずさん(『英語喉』の著者)が“国産ネイティブ”として認定して
らっしゃるのも、喉や息の使い方がネイティブと同じように使える
ようになっていることを基準になさっているのではないでしょうか。
(直接お聞きしたことはありませんが)

なお、私はかずさんとは英語でお話ししたことはありませんが、
アメリカで生活しアメリカの会社で働いてらっしゃる訳ですから、
英語の運用能力に問題はないんじゃないでしょうか。少なくとも
私と比べて有意に劣るということはないはずです。


ところで、私が『英語喉』を購入したころ、『英語喉』関連サイトの
どこかで、短い英語の文を読んでいる音声がアップされていました。
そのうちの一つがかずさんの声で他はネイティブの声ということで
したが、私はどれがかずさんの声なのか言い当てられませんでした。

これも私が『英語喉』をまじめに読もうと思ったきっかけの一つ
でした。

お答えになりましたでしょうか?
Posted by てんま at 2009年08月26日 17:41
ていねいなご回答ありがとうございます。
かず先生が2−3分程度のフリースピーチをupしてくれるとはっきりするんですがーーー。
Posted by しがない英語学習者 at 2009年08月27日 18:44
しがない英語学習者さん、

最終的には皆さんそれぞれのご判断になりますよね。
目的も好みもそれぞれ違いますから。仮に目的が一緒としても
それ以外の要素によって、通る道は変わって当然です。

しがない英語学習者さんが良いとお思いになるものを信じて
進まれるのが良いかと思います。
Posted by てんま at 2009年08月27日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。