随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2010年02月01日

速く読む

この記事を書こうとして、『リーディング』というカテゴリを作って
なかったことに気付いた天満です。

まぁ、もともとこのブログは発音のことだけをやろうと思って
立ちあげたものなので、リーディングってのは随分場違いですから
仕方ないのかもしれません。

しかしまぁ、ここ2年くらいで色んなメルマガやブログの役割を整理
して、ブログは事実上このブログだけになってることを考えると
リーディングやらライティングやらのカテゴリがあっても不思議じゃ
ないのにね。。。

ま、それは良いとして。


昨日の第152回公開テストでも時間の壁は厚かったです。

リーディングセクションは最短で何分で解けるのか、に挑戦して
もう1年半ほどになりますが、ここのところずーーーーーーっと
45分前後から動きません。


で、体感的にも遅いんです。


恐らく私の人生で一番早く英語が読めてたのは1991〜1992年頃。
当時勤めていた英会話学校で新聞記事や雑誌記事を素材にした
ディスカッションのクラスの時間割を作るのに速く読む必要が
あって、日常的に速く読んでいたんですよね。


ところが最近は、レッスンで音読の練習をしてもらうこともあって
自分も音読することが多い訳です。

で、音読というのはどうしてもスピードが上がらない。。。
その遅いスピードに脳が慣れてしまって、速く読もうとしても
音読のスピードをちっとも超えないんですよね。困ったもんだ。


て、ずうっと同じことを思ってるんですが、解決してません。
解決方法は見えてるのにね。


「速く読む」という行為を一定レベル以上で継続すること。


たったそれだけ。
ちょっと真剣にやろ。


まぁ、継続するのは習慣になるまでは難しいんですよね。
ウチの Web 会員の方がいみじくも仰いました。

英語は難しくない。難しいのは継続です。


そうなのよ。


慣れるまではね。慣れたらそんなに大変じゃない。
だって、歯磨きを継続するのに苦労してる人っていないでしょ?


やれ。
(はい。)


人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会