随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2010年06月01日

英語の破裂音はセミ

英語の破裂音は蝉に似てる。

つまり、「こういう音だ」と思っている部分だけがその音ではないということ。


蝉というのは、成虫の期間はごくわずかで、それまでに
地中で長い期間を過ごすと言いますよね?


それと同じです。



「こういう音だ」と思ってる部分の前に
少しイメージと違う部分があります。


で、後に別の子音が続くときは、その少しイメージの違う部分だけが
発音される訳。だから従来は“破裂音が消える”なんて説明されてました。


んなもん、消えへんっちゅうねん。



その音らしくない部分しか発音しないだけ。
つまり、蝉のさなぎの部分までしか発音しないだけ。


これ、昨日の『TOEICに役立つ発音セミナー in Osaka』でも
お話ししたんですが、実は先週のコピーイングコースのレッスンの
中で思いついたたとえ話。(笑)


『英語喉』の“ライフサイクル”って話の別の言い方ですわ。



人気ブログランキングへ

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

ラベル:英語 発音 英語喉
posted by processeigo at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いつも楽しく拝読しております。

ところで英語は顎だとおっしゃる方がいるのですが、どう思われますか。
http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/cat_10044708.html

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
Posted by ごろぞう at 2010年06月09日 10:58
>ごろぞうさん
コメント有難うございます。
「顎発音」ですか。面白いですね。
リンク先を拝見すると、僕がYouTubeに上げた動画が出てきてびっくりしました(笑)

顎発音。そういう説明の仕方もアリかなぁと思います。
面白いテーマなので、近いうちに別の記事で取り上げたいと思います。

Posted by てんま at 2010年06月09日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。