随時受付中
『Private Lesson』



2011年08月16日

満点取得者で数問ミス

『TOEIC模試&解説セミナー』で使う模試を既に解いた人がいます。

模試の換算表を作るためのモニター受験を色んな所で実施してはりますから当然ですが、
その中で満点をとった事のある人、満点近いスコアをとった事のある人が受験して
数問ミスやったそうです。

僕もリスニング5問、リーディング2問のミスだったんで、同じ感じですね。

僕のリスニングは、リーディングの問題を解いてて集中力不足だった問題があるんで、
真剣にやれば全問正解か2・3問ミスくらいまでには収まってたんやないかという
印象です。

これって、かなり本番の正解数に近いです。

満点を取れる時で、間違いがリスニングで0〜2個、リーディングで0〜1個という
ケースが殆どだという感じですから。(僕の場合はね)


市販の模試には、やたらと難しいものも少なくないですよね?

英語の素材として捉えれば、TOEICには出ないような難しい単語に出会うのは
大歓迎なんですが、それはワザワザTOEIC模試で出会わなくても良いわけで。

TOEICに出ないような単語やテーマは生の素材で出会えば充分で、TOEICの模試は
本番の予行演習として使うのがまず第一の目的ですから、出来るだけ本物に近いのが
良いハズです。

そういう意味では、この模試は相当オススメです。

僕の個人的な感覚だけではなく、複数の満点取得者、満点近いスコアの取得者の
データでも同じような結果が出てますからね、難易度や問題の作り方が本物に
近いということです。


この模試を使う『TOEIC模試&解説セミナー』申込み締め切り間近


悩んではるなら手遅れになる前にお申込みを。


 
posted by processeigo at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会