随時受付中
『Private Lesson』



2011年12月18日

翻訳って難しくもあり楽しくもあり

ここ半月ばかり、とあるTOEIC本の翻訳をしてました。

パート7のパッセージや設問・選択肢を日本語に変える作業です。
他にもあったけど。

一般の翻訳というのは経験がないし、あまりやりたいとは
思わないんですが、TOEIC本の翻訳は独特の面白さと難しさが
あるんやないかなぁと思いましたね。

それは本文と選択肢の関係をどう訳出するかという、
TOEICならではの要素が加わるから。
(ま、テストの類はみんな一緒かな?)


なかなか難しいですね。でも、その制約がある分、
面白いとも言えるかな。


今回の本は模試本なんですが、出版された暁には
是非とも何処かで使わないと(笑)。

あ、前田さん監修の模試も事前に全問解くことに
なるわけやし、アレもどっかで使わないとイカンね。

どこで使おう?


企業研修など、受注しないといけませんねぇ(笑)。



応援クリック、お願いしま〜す。

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会



 


ラベル:TOEIC
posted by processeigo at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。