随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2012年05月15日

映画のセリフをコピー

最近、英語で芝居がしたくてたまらん天満です。


イキナリですね(笑)。

いやマジでシナリオ探そうかな。。。


えぇと、今回はそれにちょっとだけ関連したお話しです。


映画でも芝居でもドラマでも、役者がセリフをしゃべる
訳ですが、これが外国語で演じるとなると結構、ハードルが
高くなります。


特に日本人が英語でセリフを言うというのは大変(笑)。

というのも、個人的に英語が大好きだという人は別として
大半の日本人は高校卒業までも高校卒業後も、ネイティブたちが
自然に英語を話しているのを聴く機会ってあまりない訳です。


英語が好きな人は洋画を観に行ってセリフを味わったり
海外ドラマのDVDを借りてきて何度も観たりとか、そういうのが
楽しい訳ですから良いですね。

でもそうやない人は、そもそも英語なんて大嫌いだったり
英語の勉強はするものの大学受験で出そうなものばかりを
勉強したりとか、そんな感じでしょう。

あまり自然な会話に出会いません。


そうすると、嬉しいときにどういうかとか、戸惑った時に
どう言うかとか、ホンマは嬉しくないけど場を取り繕う
ために嬉しそうに振る舞うときにどんな口調になってしまうか
とか、そういうことは分からん訳です。

で、英語をしゃべるときに全く感情が感じられへんような
喋り方になってしまう。。。 残念ですが。

まぁ、最後のヤツは自分で言う必要がないに越したことは
ないですし、そんな場面に出くわしてしまっても、ホンマに
嬉しそうに言えた方がその時の目的には合致しますけど。。。


ということで、映画ですよ。


映画のセリフを完コピです。

まぁ、好き好きやし、向き不向きもあると思いますが、
少しでも似せて喋れるように練習しておくと、自分が
コミュニケーションをとる場合も自然な話し方ができて
便利ですよ。



 
posted by processeigo at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コピーイング練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会