随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2012年06月28日

3回チャレンジ法

某企業の英語研修に『究極の模試」を使う予定なんですが、
なんとかクラスのカリキュラムに『3回チャレンジ法』の
考え方を取り入れたいなぁと思ってます。



それは、復習をしっかりやるということ。


単に3回模試にチャレンジするのと違いますよ。
単に解くだけなら、3回もやる意味、殆どありませんから。


問題として問われた部分の確認に留まらず、素材の
英文そのものをしっかり身体に取り込むアクティビティを
入れて、英語力そのものを高めるのが目的のレッスン。


やりたいなぁ。



posted by processeigo at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会