随時受付中
『Private Lesson』



2012年10月21日

『漫談でごー23』

あら?

今日の『漫談でごー』ってアップされてたんとちゃうん?

そうそう。気まぐれ1日2ポストです。

ちょっと響きが違ってます。



これって、どうなん?


 


posted by processeigo at 23:16| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辻元です。

わざわざ自分個人の為に音声で質問に答えて下さってありがとうございます。
それも2本に渡って。。。

音声内で話された質問に対する回答についてですが、やはり今の天満さんの発音は一朝一夕で身に付いたものでは無く、30年間以上の長い月日をかけて身につけられたのですね。。。
頭が下がります。

そして音声学についてですが、大学時代にさらっとかじった程度で、今の発音は基本的にはネイティブの声をまねて英語喉の教材を見ながら発音1つ1つの発声を言葉で理解していく過程で身につけられたんですね。

となると、別に音声学を徹底的にしないといけないとかは無さそうですね。

前回質問した事に関してかなり詳しく解説して頂いたので、ちょっと欲を出して(笑)さらに質問させて頂こうとおもいます。笑

(お忙しければわざわざ動画ででは無く、コメントにてお返事して頂ければ結構です。 もしコメント欄でも返事する暇が無いのであれば、スルーして下さって結構です。笑)

12歳の頃からラジオ英会話から英語の勉強を開始されてもう今は英語学習歴は30年以上になるとの事ですが、そんな天満さんは今はもう問題無くネイティブと対等に会話をして、相手の発言のほぼ全てを理解する事は出来るのでしょうか?

言い換えると、現在はTOEIC講師としてバリバリ活躍されていて、基本的にはTOEICに関連がある文章が載ってる英字新聞等を用いて普段は英語の勉強されていると以前ブログにてちらっと見た様な記憶があるのですが、もう日常会話の(特にアメリカの全地域で使われる(例えばアメリカで放送されているテレビドラマ等で使われる)99%以上のアメリカ人が理解出来る日常会話)習得は終えてらっしゃるのでしょうか?

TOEICの問題はテスト形式なのである程度予測がつきますが、本当の会話となると真の英語力が試されると思います。

もちろん、仕事をする上でアメリカのテレビドラマや映画等で使われる日常会話を全て理解できる必要性は全くありませんが、30年以上もされているとなるともうその殆どを問題無く理解されるのかなぁ・・・と単純に疑問を持ちました。

もし30年以上勉強し続けてもまだ難しいとなると、いよいよ小さい頃に真剣に英語に浸れる環境を作ってくれなかった自分の親を責めたくなりますね(笑)。


次の質問ですが、日本語の発音の明瞭さ・声の質と、英語の発音の明瞭さ・ネイティブっぽさに相関関係はあると思いますか?

英語喉の存在を知り英語の発音について色々考察しはじめてから、もちろん英語の発音自体の勉強・訓練もしなければなりませんが、日本語の発音の明瞭さ、日本語話す時の声の質が英語の発音に大きく関わっているのではないかと最近思い始めました。

例えば、もし日本語を喋る時に滑舌が悪く、声量も少なく、声に芯が通って無くて聞き取りづらい声で話してしまうのであれば、例えどんなに英語喉の知識やコピーイング等で発音を良くしようとしても、すぐに頭打ちになると思うのです。

逆に、アナウンサーや声優さんみたいに、はっきりとした声でなおかつ滑舌よく話せる方が英語を発音すれば、普通の人よりより英語っぽく聞こえるとのではないかなぁと感じます。

他にも芸能人でいうと、中尾彬さんや福山雅治さん、芸人のケンドーコバヤシさんなんかも英語を喋ると、声に芯があって低音で、かなり安定感がある声をされているので非常に英語っぽくきれいな発音で話せるのではないかと思います。

天満さんは、この日本語を喋る際の声質・滑舌と英語の発音についての関係性についてどうお考えでしょうか。

漫談でごーの音声を聞いていると、天満さんは日本語を話される際、滑舌よく、低音でかなりクリアな声で話されるので、それが今の英語の発音の上手さに生きているんじゃないかな・・・と僕個人的には思いました。

かく言う自分は、正直日本語を話す時でさえよく噛んだり滑舌が悪かったり、声が一般男性よりも高めで不安定なので、英語の発音の為にも低く、安定した声を獲得するため先日から日本語の話し方スクールに行き始めました(笑)。


以上が質問内容です。 

長くなって申し訳ありません。

ちなみに自分の英語学習歴を詳しくいいますと、一応大学受験はしたのでその為に英語の勉強した為、大学に入った時点で簡単な英文なら読む事は出来たのですが(センターでいうと150点ぐらい)、本格的に勉強し始めたのは19歳の大学1回生の後半で、英検準1級とtoeicで800点以上取るために2か月位本気で勉強しました。

結果、1回生の時に両方取得する事ができたのですが、取って少し経ったぐらいに風の噂で大人になってからだと帰国子女みたいな綺麗な発音で話せないみたいな事をきいて、いわゆるアメリカ人が話す様な英語の発音で将来英語を話せる様になりたいと思っていた僕はかなりショックを受けて、それ以来英語学習からは遠ざかっていました。

しかしある日天満さんが英語を話されているのを聞いて「大人になって英語を始めた日本人でも、ここまでの発音で話せるようになるんだ」という感銘を受け半年位前に英語学習を再開して今に至るという感じです。

当面の目標は英検1級を取得する事なので、今は徹底的に単語を暗記しています。

リスニングに関しては、今は普通の会話を聴き取れる様になりたいのでPodcastのESLpodcastというのをひたすら聞いております。
(このPodcastはシャレにならないぐらいおすすめです)

自分の英語歴はこんな感じです。

ではまたお返事お待ちしております。
Posted by 辻元 at 2012年10月22日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。