随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2013年02月23日

新しくなんてなかった!

昨日、というか未明、に書いた「音記」という言葉。


実は新しくなんてなかったらしいです(涙)。

東京の大橋穣二さんから twitter で教えていただきました。


2009年1月3日に、既に彼のブログ記事になってます。


その名を冠した書籍まで出てたとは。。。

リスニングの極意「音記」というのがその本のタイトルで
山本 大さんという方がお書きになっているようです。

大橋さんのブログによると、
「使えるセンテンスを音読し、口頭練習し、暗唱し、スピード・スピーキングの練習をすることによって、音声化された形で使えるセンテンスを記憶すること」(『音記』p.42)というのが著者による定義

ということなんで、僕の考えとかなり似てますね。
(「スピード・スピーキング」というのが何を表すのかは?ですが)

僕もオーバーラッピングとかコピーイングとかタイムアタックは
「すぐアウトプット出来る形でのインプット作業」だと
思ってますから。


コピーイングとかタイムアタックは「暗記」することが大事なんやなくて
「音記」することが大事です。

「記憶」している状態というのは、あくまでも結果論。

当然、辿り着いて欲しい結果ではありますが、それを第一の目標に
したらアキマセン。

あくまでも音を求める、音と意味の結合を求めるなかで
到達してしまう状態です。


覚えていること自体には、「音記」を通して覚えた状態と比べると
1%くらいの価値しかないと思ってます。



 
posted by processeigo at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会