随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2013年08月31日

知ってる単語やのに聞き取れへん症候群

リスニングが上手く行かん理由はいくつかありますが、
一番勿体ないのは、

「知ってる単語やのに聞き取れへん症候群」

でしょう。


これ、日本の中学校での英語教育が根本の原因ですけどね、
英語の音を日本語のフィルターで聞こうとしてるからですよ。


例えてみたら、ギターを持ってるのに、三味線の弾き方で
弾こうとしてるようなもんですわ。

上手いこと、行かんわね。恐らく。


英語に限らず、言葉を覚えようと思うたら、まずはその言葉の
音を覚えなアキマセン。

言葉いうのは本質的には音やからね。

で、上達してきたら書きことばにも進んでいかんと困るんや
けど、最初は話し言葉から入るのが自然ですわ。


相手の言うことが分からんことには返事のしようがありません。
ということは会話も進まへんから、新しい情報も言葉に関する
知識も入ってきません。

そんなんでは、言葉の知識も使う力もなかなか伸びまへんわ。

それ考えたら、きちんと英語の発音の仕組みを学んで
それで練習をしていかんと、すんごい遠回りしとることに
なりますやんか。


勿体ない。


小学校から英語を教科にするとか何とかより、中学校の
英語の先生に正しい英語の発音の仕方を教えられるように
鍛え直すことの方が大事とちゃうか?



 
posted by processeigo at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会