随時受付中
『Private Lesson』



2013年12月17日

素材は充分に活用しよう

僕が毎朝出してる『基礎からパート5』というメルマガに
ご感想を頂きました。

毎日、基礎からパート5を読むのが日課になっており、
これを読まないとスッキリしない身体になりました(笑)
特に、ゴリゴリセミナーをやってみることの効用として、
他の問題集でパート5を解いても「解いて終わり」という
ことが無くなりました。


Kさん、有難うございます。


このご感想で触れられている「ゴリゴリセミナー」というのは
元々、米田りり子さんが主宰している「つなぎすとサロン」主催の
『天満嗣雄の TOEIC ゴリゴリセミナー』というもの。

TOEIC の問題を解いて終わりにするだけやなくて、音読したり
暗唱したり、タイムアタックしたり、出題箇所を変えた問題に
取り組んだりと、一つの問題を何度も味わい尽くすセミナー。

この発想で、問題文の空所以外の単語や文の構造について
解説している「ゴリゴリ」というコーナーを設けてます。


さらに、単に書かれているものを読むだけやなくて、ご自分で
考えたり調べたりするキッカケとして「課題」を出してます。

例えば、reasonable という単語が「安い」という意味で
使われている文で、『「安い」を表す表現を3つ書き出す』と
いう課題が出るとか、そんな感じ。


で、答えは書いてません(笑)。

答え書いたら、結局、読むだけになってしまうんでね。


これ、どのくらいの方が取り組んではんねやろ?

直接お聞きする機会がないんで分からんのですけど、まぁ、
経験的に言うて少数派ですわ。

恐らく1割、多くて2割くらいとちゃうかなぁ?


こういうの、やってみたら力つくと思うんですけど、多くの人は
やりはりません。メルマガを購読していることで満足してしまうと
いうか、そういう部分があるんですよね、人間って。


ぜひやって欲しいなぁ。


あ、そういうたら。


僕が英語に馴染めたのも、ある程度使えるようになったのも、発音を
教えるようになったのも、先生に「やってください」と言われても
大多数の人がやらないことを毎日続けたからなんすよね。


それは「ネイティブのゲストの発音を真似て言ってみましょう」。

そう。NHKのラジオ講座の先生が言いはるのを聞いて、素直に
真似て言うてたんですけど、そのうちに自分の出す音とネイティブの
ゲストの発音が違うのが気になって、モノマネしてるうちに単語も
文法もなんとなく身についていったという感じでした。


話がだいぶんそれてますけど(笑)、TOEIC の模試にせよ問題集にせよ
問題を解いて、問われたところを確実に答えられるようにするだけや
なくて、

・どこを問われても答えられるように、
・同じような文を何も見ずに自分で作れるように

練習して充分に活用した方がヨロシイで。


 


posted by processeigo at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。