随時受付中
『Private Lesson』



2013年12月26日

そんなところに解はないと思う、けど

twitter で見つけたとある記事

『外国語はネイティブから習わないとダメ』って言語学を専門とする
家庭教師が語ったらしいけど、はぁ?としか言いようがないよ。


別にネイティブに習わなくたって身に付きますよ。というか
習い始めの段階では母国語で説明を聞く方がはるかに良い面も
あると思うしね。

そもそも、全中学校でネイティブの教員が全授業を教えるなんて
話になったら、ネイティブの教員が何人必要やねん。

巷の英会話学校じゃ、ネイティブの講師が教えてますけど、
彼らの滞在期間は短いですよ。基本的に、長期的にコミット
しようと思うてる人は少数派ですからね。

僕のいた英会話学校は規模も小さかったんで、平均すると3、4年
くらいはいてはった気がするけど、それでも1年も満たずに辞める
講師も珍しくはなかったわけですわ。

なおかつ、英語教育を専攻していた講師なんて極々少数。
中には優秀な専門家もいるけど、そういう人だけでクラスを
まかなうだけの人数は確保できまへん。


で、一般的な傾向として、英会話学校ってのは規模が大きくなれば
なるほど、講師の質が下がるもんです。なにせ確保せなアカンから
採用の基準を下げざるを得ません。

で、優秀な人もあまり本領を発揮しすぎるとアカン人との差が大きく
なりすぎるからやり過ぎるなと言われたりする(汗)。


民間の事業者でも講師の採用・研修に四苦八苦してるのに、
公教育でやろうと思えばどんだけ人数が必要になりまんのん?

絶対、英語教育は崩壊しまっせ。

あまりにも naive な意見と言わざるを得ない。。。。



ただ、一つだけ共感できることがありました。この記事。


変な「英語」を習って、変な発音が頭に残るぐらいなら、
習わない方がましなぐらいだ。



今の教育現場を良く知ってる訳やないけど、発音に対する無頓着さと
知識習得を超えて言語の内在化を図る練習の欠如は昔から変わって
ないんとちゃうかなぁと思う。

数年前に塾で中高生を教える機会があったときに知った情報だけで
ものを言うてるんで、現状が変わってるんならスンマセン。




 


posted by processeigo at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。