随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2014年04月20日

ちょっと真剣にタイムアタックしよ

ここ最近、タイムアタックを紹介して練習していただく機会が
続いたんですけど、そこではたと気づいた事実が1つ。


人に勧める割に、自分ではあまりできてないやん。。。。


あ、茅ヶ崎方式の教材のタイムアタック用音源を録音したり
練習してもらう素材を使って事前に自分でも練習したりと
いうのは当然やってます。


ただ、その際の速度って、たかだか250wpmくらいまでなんですよね。

「自分の限界速度を更新することを目指して練習する」という
タイムアタックの定義からすると、まだまだ甘いレベルで
練習を終えてることが多いわけですわ。

昔、『TOEIC Testプラス・マガジン』を使ったTOEICコースを
実施していたころ(5・6年ほど前ね)は、毎回自分も真剣に
練習してて、300wpmくらいまで追い込んでたんですよ。


タイムアタックというからには、やはり300近くまでは
持って行きたい。


あ、もちろん、これは僕自身の目標ですよ。

タイムアタックという練習自体をしたことのない方で、音読自体も
それほど経験がないようだと、200wpmでも相当きつい目標に
なりますからね。

あくまでも各自の現在地を基準に目標タイムを設定してください。


取り敢えず、明日から適当な素材で空き時間を利用して練習しよ。

まずはスクリプトを頭に叩き込むところから。
それを最初にやってしまうと、後々の練習で紙切れすら持つ
必要がなくなるんで練習しやすいんですよね。



 
posted by processeigo at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会