随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2014年05月01日

自動化しよう

TOEICのスコアアップが目的であったとしても、口頭練習は
絶対にやった方が良いと、僕は思うてます。

口から出せるものは耳からも目からも入れやすいから。


こんな話、聞いたことありませんか?



リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのなかで、
スピーキングが一番簡単。

なぜなら、自分の知ってる言葉で自分の快適なスピードで
話せばよいから。



「それって、ライティングでも言えるんちゃうん?」と
思わなくもないですが(笑)、まぁ、アウトプットに関しては
使う言葉を自分が決められるというのは大きなポイントですね。

リーディングでもリスニングでも、相手が語彙レベルや速度を
決めてしまうんで自分の能力を軽く超えてしまうような可能性も
あり得るわけですね。


自分が主導権を握れるスピーキングやライティングはその面では
楽ですよね。


で、自分のスピーキング能力を TOEIC で耳にするような内容に
まで高めていければ、当然、聞くのも読むのも楽になります。


で、口頭練習をする訳ですけど、1回とか2回音読しただけじゃ
全然足りませんよ。


何も見ずに何も聞かずに元の英文をスラスラ言えるようになるくらい
繰り返してください。


これ、まぁ言えば、飛行機の自動操縦みたいなもんですよ。


口が勝手に動いてしまう(つまり自動化が完成してる)という
段階まで、どれだけたくさんの表現で達成できるかが決め手です。


何も見ずに何も聞かずにスラスラと喋れるということは、結構な
回数をこなすことになりますよね?

それだけ頭の言葉をつかさどる部分に刺激を与えてる訳やから、
意味を感じたり、言いたいことがスラスラと出てきたりって
いうのが自然にできるようになる訳ですよ。


そんな感じで、素材を一通り覚えてしまって【シャドウ会話】が
一人でできるくらい練習する、そしてそれができたら次の素材へ
移る、というのを続けはると、メッチャ効果が上がりますから
是非やってみて。


 
posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会