随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2014年05月02日

そこに愛は聞こえるか?

『発音ワークショップ』で練習してもらっている
素材の中に、こんなフレーズがあります。


several of them


皆さんはこのフレーズの中にを聞き取ることができますか?



いきなりなんやねん?(笑)



これは英語の特徴である、

1)息が出続けていること
2)子音・母音・子音の音節を守って話すこと

の2つが絡んでいます。


特に2つ目が大事。


several of them という文字を見たとき、日本人はついつい
こう読んでしまいます。


se-ve-ra-lu-o-vu-the-mu


カタカナでいうと、「セベラルオヴゼム」


日本語的に捉えると8つの音があるフレーズになりますな。


でも、英語では音のカタマリの構造と数が全然違います。


sev-ral-lov-them


つまり、4つの音のカタマリがある感じ。


で、この3つ目のカタマリ見てください。


lov


ほら。


あったでしょう?



愛が。


厳密にいうと love という動詞の母音と several of の3つ目の音節の
母音は違うんですけど、まぁ、よう似た音です。

僕はこれを『人間の鳴き声』と呼んでます。



人間が息を吐き出した時に、たまたま声帯が振動したら
出てくる音。


何かの音を出そうと頑張ってない音。

だから『鳴き声』(笑)。


ちょっと横道にそれましたけど、英語を話すときは
息を出しっ放しにして、子音・母音・子音のカタマリを
正しく発音して下さいね。


それだけで見違えるほど英語らしく聞こえるようになります。

ということは、見違えるほど伝わりやすくなり、見違えるほど
聴き取り易くなるということ。


実際に一緒に練習したい方は『発音ワークショップ』
待ってます。

次の開催は、5/9(金)。その次は6/13(金)です。



 
posted by processeigo at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。