随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2014年05月19日

スピーチの速さとポーズ

昨日に引き続きスピーチネタです。

僕は大学時代にESSというクラブに所属してまして、
そこではスピーチをするということを通して英語の力を
高めようとしてはる人たちがいました。


僕は英語劇を通して英語力を高めようという、ドラマ・
セクションという勝負ループに属してましたけど、それと
別にスピーチ・セクションというのもあったわけですね。


ついでに言うと、ディベート・セクション、ディスカッション・
セクション、さらには会話を通して英語力を高めるカンバセー
ション・セクションというのもありました。


で、全部のセクションのメンバーが取り組むものとして、夏春の
合宿があったりしたわけですけど、それ以外に Recitation と
いうのもやってました。

バイブル・レシテーション。



詳しい経緯は覚えてないんですけど、当時、クラブと付き合いのあった
六甲の英会話学校の講師の方が毎週水曜日に「バイブルクラス」という
モノをやってくれてました。


無料で。


有難い話。


で、その関係で、冬に「バイブル・レシテーション」という内部の
大会がありました。神戸大学ESSのメンバーだけが出場する
コンテストですね。


僕のスピーチ絡みの経験っていうのは、これで準優勝したことくらい
なんですけど、当時からず〜〜〜〜〜〜っと不思議に思うてたことが
あります。


それは、



なんで日本人スピーカーはあんなに話すのが遅いんや?



ということ。



強調したいから速度を落とすってのは分かるんですよ。


でも、ココもソコこもアソコもみんな強調するもんやから、
全体が遅くなってしまってて、結局、どこが大事なのか、
どこを強調したいのかよう分からんようになってるちゅうね。。。


それと、ポーズ。



なんでどのポーズも同じ長さやねん?



もうね、ホンマにメッチャ上手い人は別なんですけど、
中途半端に上手い人ってのはポーズがほとんど同じ長さ
だった印象がありますわ。


優勝するような人は、ちゃんと考えて聴衆に投げかけた言葉が
聴衆の頭の中で染み込むのに必要な時間を待ってから次の言葉を
話し始めんねんけど、そうやない人は、まるで、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
大事なことを言うたからポーズを置こう。

(ポーズ)

ポーズ置いたから喋り始めよう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ってな感じの機械的なポーズにしか聞こえへんかったんですよね。



スピーチ全体の基本のペースをもうちょっと上げて速く喋る。
ゆっくりするところは大胆にメッチャクチャ遅くする。
ポーズは聞き手の顔を見て、伝わったのを確認してから話し始める。



というあたりのことは、しっかりやって欲しいなぁ。




て、誰向けの記事やねん、これ。



 
posted by processeigo at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会