随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2014年05月23日

「音節」とはよう言うたもんや

今日の『発音レッスン』でポロッと自分が発した言葉に
ハッとしましてん。


それは「音節」の本質。


「締めて開けるんですわ」


「締める」というのは子音を発音するときのことで、息の流れが
喉と口のどこかで締まってます。


つまり出にくくなってるということ。

息が溜まって分厚くなってる感じ。

まさに


で、節と節の間の空間は母音です。


息が通りやすいんで、息はスムーズに流れます。
溜まってる感じはしません。



で、英語話者はこの節を入れんと母音と母音を繋げないんですよ。

弱くなってしまう。



節がしっかりしてないと、頼りなくてふわふわした感じで意味がよく
分からん英語になってしまう感じ。



なんや、抽象的で分からんかな?(笑)




 
posted by processeigo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会