随時受付中
『発音レッスン』
Skypeでもレッスン実施


10/7(土)に西宮北口で開催
『発音ワークショップ』
ただいま申込受付中!

2015年01月08日

亀速シャドウイング

onihen.jpg
『TOEICテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング』
お使いの方が「これは良い!」と感じはった練習方法を
教えてくれました。

それは「亀速シャドウイング」。


この本には、元の音声の0.7倍の速度で
再生されているゆっくりバージョンの"亀速"も収録されて
いるんですが、それを使ってシャドウイングをするという
モノなんですね。

これ、僕の超おススメ練習方法です。


もう、全ての練習素材に「亀速」を付けて欲しいと思うくらい。


英語を口にする機会がまだ十分でない場合、ネイティブの
ナレーターが読み上げている音声は、速すぎます。

そんなに速く口が動かん訳です。


というか、口を動かそうと思えば動くんですが、そうすると
発音とかイントネーションとか、音声面の特徴をかなり
妥協して自分勝手な話し方になってしまいます。


でも、自分勝手な発音で練習すればするほど、間違った
音が自分の頭に刷り込まれていく訳でして(滝汗)、
それは逆効果になる面があります。

間違った音を強化するわけですから、リスニングでも
苦労をすることになるし、自分の英語が他の人に
伝わりにくくなりますからね。


そこで、「亀速シャドウイング」ですよ。


最初は速さを犠牲にして、発音やイントネーション、
声色、ポーズなど、音声面の特徴を完璧にコピー
することを目指して練習します。

何度か練習するうちに、口がスムーズに動くように
なりますから、そこまで行って初めて速度を上げる。


ICレコーダーのように速度調整ができる再生装置を
お持ちなら、0.8倍速とか0.9倍速を挟むと
より良いんでしょうけど、そういうものが無ければ
頑張ってイキナリ等倍速で練習してください。

「亀速シャドウイング」が十分できていれば、一気に
等倍速に上げても、まぁ、何とかなると思います。



実は、亀速ならぬ、1.5倍速とか2倍速級の速さを
目指す「タイムアタック」をするにも、仕込みの段階で
「亀速シャドウイング」をやっておくと楽に(効率よく
=少ない練習回数で)速度を上げられる効果もあるようです。


ぜひ「亀速シャドウイング」をやってください。


 
posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会