随時受付中
『Private Lesson』



2015年02月14日

声の深みが足らん!

日本人が英語を話すと、どうも英語っぽく聞こえないことが
多いんですけど、それがなぜなんかという話。

当然、理由はいくつかあるんですよ。理由が1つだけというほど
単純な問題ではないハズ。


で、ここ最近は音節のつくりが全然違うと
いうことを強調してきてたんですね、僕は。

日本語の音節というのは【子音+母音】が基本ですわ。
最初の子音がない音節(つまり、あ行の音)もあるし、実際には
母音がなくて子音だけを発音するケースもあるんで、その場合は
その子音は直前の音節にくっついて【子音+母音+子音】の形
にはなっとるんですけど、まぁ、例外的ですわ。

子音の後に母音が続かない場合っていうのは、子音が「ん」の
ときと、「〜です」とか「〜ます」とか言うときの「す」が
それに当たります。


一方、英語の音節は【子音+母音+子音】が基本。
これも例外はあるけど、基本的には音節が子音で終わる
ワケですね。


ところが日本人が英語を話すと、音節を母音で終わって
しまう癖が抜けないために、ペッチャンコな感じの
英語になってしまって、全然、英語っぽく聞こえへん
ワケですね。


ただね、声の質というのも大きな要因の一つやなぁと
つくづく思うようになりました。


何かというと、日本語の声というのは、口先だけで響く
ですが、日本人が英語を話すとこの癖もそのまま残ります。

ところが英語は口先よりも喉が響いてます。喉で響いた
音がそのまま口の外まで出てくるから、【深みのある声】
なります。


で、いくつかの音は喉の下の方(下手すりゃ、鎖骨の間の
くぼみの辺りくらいまで低いところ)で響きます。
これが日本語に全くない音なんですよね。


そもそも口先で響いている時点で、全然、英語っぽくないん
ですけど、喉の底で響くべき音が口先で響いてしまうと
もう、これは聞くに堪えへんくらい日本語っぽくなって
しまいます。


喉をリラックスさせて、喉全体で響かせる、喉の底で
響かせる音をゆったりと響かせるようにしましょうね。


 


posted by processeigo at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。