随時受付中
『Private Lesson』



2015年03月28日

声が違う

英語で表現する人(スピーチしたり朗読したりセリフを言ったり
する人)の発する英語をお聞きしていると、英語として自然に
聞こえる人と、どうしても日本語に聞こえてしまう人がいます。


幾つかの要素はあるんですけど、そもそも声が違うがために
日本語に聞こえてしまうってことがあります。

どうも日本語の声っていうのは平板なんですよね。。。

声もあまり響かないし、口先だけで話している感じが拭えない
話し方をする人が多いんですよね。


口先だけで響いてる平べったい声でいくらイントネーションの
上げ下げをしてみても英語に聞こえないんですよ。

それで多くの人は息の強弱を強調しすぎるようになって
聞き取りにくい英語になっていくんですよねぇ。


喉の力を抜いて口と喉を連結させてやることによって、喉の
共鳴が体の外まで響いてくるようにしてやるのがまず第一ですわ。
これって、歌にも共通する声の出し方やと思うてます。


それで僕が注目しているのがボイストレーニングですね。


ゴールデンウィーク(5/2)にボイストレーニングのセミナーがあるんで
参加したいと思うてます。(時間的に微妙なんで無理になるかも
知れませんが。。。)

どうやって英語の声を作るのか。自分なりに幾つか練習方法を
持ってますけど、音楽のプロがどう指導しているのかを学んで
より効果的に英語の声を作る方法を増やそうと思うてます。


 


posted by processeigo at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。