随時受付中
『Private Lesson』


1/29(水)に西宮で開催
『発音ワークショップ』

2015年05月29日

【音節読み】

昨日の記事に書いた【音節読み】。

英語の音節は、【子音+母音+子音】で構成されています。
つまり、音節の最後は子音なんですね。

日本語はすべての音節が母音で終わりますから、ここが
根本的に違います。


と、ここまで読んで、「おいおい、それは言い過ぎやろ」と
思うた方もいはるでしょうね。

例えば to なんて単語はどうやねん、と。最後は母音やんけ、と。
そんな単語、いっぱいあるやんけ、と。


確かに単語単体で考えると、母音で終わる音節というのは存在します。

でも、フレーズや文になると、前後の単語がつながって発音されるんで
事情が変わるわけですね。

例えば、go to Nagoya というフレーズを考えると、go も to も単独では
母音で終わってますけど、フレーズ全体を言うときは、後ろの単語と
くっつけて発音しますから、got ton nag goy ya のようになります。

母音終わりの単語が文末に来ると、母音終わりの音節というのもできるん
ですけど、音節の数全体から言うとごくわずかですわな。


せやから、go でなくて got(こう書くと get の過去形みたいやけど)と
いう感じで音節ごとに読んでいって、それをスムーズにつなげていくと、
英語らしく話すことができるんですね。


それを練習するのが【音節読み】ですわ。


 
posted by processeigo at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。