随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2015年06月26日

覚えんでどうしますのん?

僕は TOEIC の授業でパート3の会話とかパート6の文章とかを
覚えてもらうことがあります。


まぁ、実際には全員が完全に覚えたのを確認するまでやる時間は
ないんですけど、パート3ではテキストを見ずに会話をして
もらったり(忘れたときのチラ見アリ)、パート6ではペアで
『障害物音読』をやってもらったりしてます。


TOEIC のスコアアップには、英語力と解答力が必要ですけど、
英語力向上の一つの方法は TOEIC で使われている会話やトーク、
文書を自ら生み出せる力をつける練習をすることが挙げられますな。

その第1段階として、実際に問題に使われている素材を模倣する
ことは自然なことでしょう。


パート3やパート6程度の短い英語が覚えられへんようでは
そこに使われている単語や言い回しを使えるようになるはずが
ありませんからな。


まず模倣。そのためには何度も繰り返して口にして覚えることが
必要。口が覚えた表現が増えれば、元の会話を模倣した別の会話や
元の文書を模倣した別の文書が生み出せる準備が進みます。


パート3やパート6程度の短い英語が覚えられんでどうしますのん?

もちろん、英語力を高める方法はこれだけやないけども、これと
同じ程度の負荷をこなそうとしてもなければ、そら英語力も
TOEIC のスコアもなかなか上がりまへんで。。。


 
posted by processeigo at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会