随時受付中
『Private Lesson』
詳細・申込はこちらから

2019年02月05日

閃かなかったら次

TOEIC対策を教えていると必ず伝えるTime managementの重要性。

パート7のダブルパッセージ、トリプルパッセージにも、比較的簡単に解ける問題ってあり得るわけです。なのに、途中の難しい問題に時間をかけすぎて、後ろの方にある簡単な問題を見てもいない人が後を絶たない。。。

特に専門学校で教えていると、英語力がまだまだ高くない学生(初級者、中級者)の中にはリーディングの半分とか3分の1とかを全く見てへん人がいてます。

「閃かなかったら次に行け」って言うんですけどね、それでもついつい考えてしまうみたいで、、、。

どないか解決する方法を探さんとアキマセン。

 
posted by processeigo at 23:20| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会