随時受付中
『Private Lesson』



2007年12月14日

Twenty minutes of continuous music

映画「アマデウス」から、モーツアルトが上演禁止の“フィガロの結婚”のオペラ上演を認めてもらおうと工程を説得する場面での台詞。

真似してみました。



“それがどないしたんや”、という話ですが、まぁ、ちょっと、お遊びです。

一応、スクリプトをば。

Twenty, sire. Twenty minutes of music, no recetatives. Sire, only opera can do this. In a play if more than one person speak at the same time, it's just noise. No one can understand a word, but with opera, with music, with music, you can have twenty individuals all talking at the same time and it's not noise, it's a perfect harmony.


お粗末。


posted by processeigo at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。