随時受付中
『Private Lesson』



2007年12月21日

/l/と/r/

発音を気にし始めると、日本人なら必ずぶつかる壁の一つ、/l/と/r/。

やってみました。お役に立ちますかどうか、お聞きください。



途中で/l/と/r/を含んだ単語をいくつか言ってます。一応、書いておきます。

/l/:light, low, law
/r/:right, row, raw

後半で、light, right, low, row, law, rawの順番で言ってる部分がありますが、そこのrowがちょっと下手くそです。
(“そんなら取り直せよ”と自分で突っ込みつつそのままアップです(^^;)

それと、/l/の発音に関して補足したいことがあるんですが、今回の録音ではカバーしていないので、また近日中にアップします。

ラベル:英語 発音
posted by processeigo at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の場合、単語の始めにある/l/と/r/なら、ほとんど問題ないと思っているのですが、そうでない場合の聞き取りに問題があります。
たとえば、play と pray など。
何かよいアドバイスはありませんか?
Posted by さる at 2007年12月23日 07:27
さるさん、コメント有難うございます。

一言で“聴き取りにくい”と言っても原因は色々かと思いますので、ピッタリのアドバイスが差し上げられるか分かりませんが。。。

考えられるのは/r/の音をご自分でしっかり出すことではないかと思います。

別の記事(英語の/l/と日本語のラ行は違うのか?)でも取り上げたように、/l/の音と日本語のラ行は似ている面がありますが、/r/の音は日本語にはない独特の音です。

ですので/r/をしっかり聞き取れるようになれば/l/と/r/の違いもよりクリアになるはずです。これは、語頭であっても語中であっても語尾であっても同じだと思います。
(語尾に来るとこの二つの音の違いが歴然としますよね)

また後日、語中や語尾に/l/と/r/が来る単語を使って記事をアップしますので、宜しければお聞き下さい。
Posted by てんま at 2007年12月24日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会