随時受付中
『発音レッスン』
Skypeでもレッスン実施


11/25(土)に西宮北口で開催
『発音ワークショップ』
ただいま申込受付中!

2012年02月29日

茅ヶ崎方式LCTの録音

茅ヶ崎方式のLCTの録音が心なしかスムーズにいきだした天満です。


気のせいですかね?


以前より噛む頻度が減った気がします。
とか言いながら結構噛みまくりなんですけどね。


それでも以前みたいに同じ個所を録るのに30回とか連続で
失敗することがなくなった気がします。

(どんだけ噛んどってん!)


もうちょっと続けたらもっとうまくなるかなぁ。





人気ブログランキングへ
応援クリック、お願いしま〜す。


TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会



 

posted by processeigo at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

インプットもアウトプットも

こんばんは。プロセス英語会の天満です。

今日の茅ヶ崎方式のクラスは普段より聞く時間と読む時間を
少なめにして、ニュースとテーマについて話す時間を多めに
入れました。

インプットしないとアウトプットのしようがないので
まずはリスニングの力をつけるのは大切なんですが、
聞くだけより、話すことも並行してやる方が効果的。

アウトプットを意識することでインプットの質が
高まりますからね。

インプットのための音読もしっかりやってもらいつつ、
アウトプットの時間もできるだけ多く作って行きたいと
思います。





応援クリック、お願いしま〜す。


TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会



posted by processeigo at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

茅ヶ崎方式のLCT録音

茅ヶ崎方式の音声教材、LCT(Listening Comprehension Test)を録音してます。

いつもは苦労するんですが今回はなかなかスムーズに行きました。
スムーズに録音できると気持ちが良いですね。

ま、聴き直すともう少し違う読み方で読んだ方が良いかなぁという点が
ない訳じゃないんで、まだまだ練習して良いものが録音できるように
頑張りたいもんです。




人気ブログランキングへ
応援クリック、お願いしま〜す。

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

なんとか2本分の録音終了

一時はどうなることかと思いましたが、何とかユニット16分のクラス2の
LCT2本分の録音が終了。

それぞれに、180wpm以上のモノと息を止めない練習用のゆっくりしたモノの
2種類を録音したので、合計で作った音声ファイルは4本。

もっと短時間でできるようにするには練習あるのみですなぁ。。。



LCTは茅ヶ崎方式英語会の著作物です。無断で録音・複写等
することはできません。プロセス英語会(茅ヶ崎方式西宮北口校)は
茅ヶ崎方式英語会と交わした覚書に基づいて録音を行っています。



人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一つ目録音完了

クラス2のLCTの1本目、無事録音終了です。

でまたこれが概算で205wpmでした。

ちょっと不明瞭な部分が残ってますが、これで行きましょう。




LCTは茅ヶ崎方式英語会の著作物です。無断で録音・複写等
することはできません。プロセス英語会(茅ヶ崎方式西宮北口校)は
茅ヶ崎方式英語会と交わした覚書に基づいて録音を行っています。




人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

ラベル:茅ヶ崎方式
posted by processeigo at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中級クラス第60期Unit 16の録音

今から茅ヶ崎方式中級クラス第60期Unit 16の Listening Comprehension Test の録音をします。

茅ヶ崎方式英語会とLCT録音に関する覚書を交わしてから1ヶ月ちょっと。
これまでのところ、185wpmくらいが最高記録です。

まぁ、もっと真剣に練習すればもっと速く読めるはずなんですが、それで
明瞭さが犠牲になっても困るんで、取り敢えずのところ180wpm以上の
スピードは確保しているのが現状。


今回はどこまで速く行けるかな?


LCTは茅ヶ崎方式英語会の著作物です。無断で録音・複写等
することはできません。プロセス英語会(茅ヶ崎方式西宮北口校)は
茅ヶ崎方式英語会と交わした覚書に基づいて録音を行っています。



人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

LCT録音前の練習

今週の茅ヶ崎方式のクラス用に、メイン教材(LCT)のタイムアタック用
音声の録音しようとして練習してます。


20110803TA2.JPG



良く噛みます(涙)


なかなか終わりません。。。


頑張るぞーーーー。


人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

それなりに好評なようで

ちょっと前に記事にした、のタイムアタック用の参考に茅ヶ崎方式の
メイン教材のLCT(Listening Comprehension Test)を僕が録音する件。

ボチボチ始めてます。

ボチボチ、というのはイキナリ全開で行けてないからなんですね。


予想してたことではあるんですが、やはり人に聞いてもらう素材として
録音するのはかなり時間がかかります。


まず、よく噛むorz


ホンマ、僕はよく噛むんですよね。

噛みまくってる素材を参考に口頭練習してもらう訳にはいかないんで、
当然、ボツになります。


次に、発音が甘い


自分ではOKと思っていたものでも、いざ録音して聴いてみると
気に入らない点が結構あります。

んー。普段は骨伝導の分も聴いてるんでOKと思っていても
録音すると子音がきれいに録音されてなかったりします。
(マイクが拾いきってないということもあるかもしれませんが)


更に妙な間がある。


間、というのは正確ではないんですが、ちょっと間延びした部分が
あるんですね。読み上げるときに、一瞬、目から入ってきた情報を
口の動きに変換する作業が間に合わないことがあります。

そうすると、口が動かずある音が本来あるべき長さより長くなって
しまうことが起ります。

これは他人が聞いたらあまり気にならないものなのかもしれませんけど、
自分の頭の中にある理想のイメージとは随分離れてしまうんで、
あまり出したくない。


そんなことを考えてると、1本がなかなか録音し終わらない。。。


という訳で、まだまだ緒に就いたばかりでボチボチしか始められて
ませんが、使って頂いた会員さんには思いのほか好評です。


とても参考になるなんて有難いお言葉も頂戴しました。

と同時に、両方録音しておいて欲しかったという厳しい要求も(笑)。


へぇ、精進します(笑)。


LCTは茅ヶ崎方式英語会の著作物です。無断で録音・複写等
することはできません。プロセス英語会(茅ヶ崎方式西宮北口校)は
茅ヶ崎方式英語会と交わした覚書に基づいて録音を行っています。



人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

posted by processeigo at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

新しい試み。

このブログのタイトルは『西宮一発音にこだわるTOEIC講師』ですが、
ワタクシ、『西宮一発音にこだわる茅ヶ崎方式講師』でもあります。

で、茅ヶ崎方式のレッスンで、新しい試みを始めます。


それは、メインの音声教材LCT(Listening Comprehension Test)を独自に録音をすること(※)。


その理由は、タイムアタックの練習の際に参考にしてもらうため。


茅ヶ崎方式西宮北口校では、次回までの課題として、2つあるLCTのどちらかを選んで、
極力速く読めるように練習するタイムアタックをしてもらってます。

“極力速く”といっても、完全に目標をお任せしてしまうと、どうしても忙しかったり
なんなりで練習できないケースも多いので、一つの目標として200wpmを設定してます。

wpmとは、words per minute の略で、1分間に何語読めるかという単位です。
200wpmだと、1分間に200語という速さ。

CNNとかBBCとかがこのくらいのスピードで話していると言われてます。



ところで、


口よりも耳の方が速いんです。


はぁ?



どういうことかというと、耳が捉えられるスピードと口が喋れるスピードを
比べると、耳が捉えられるスピードの方が速いということ。


例えばスポーツの実況を思い浮かべると良いですね。

盛り上がっているシーンでのアナウンサーの喋りはかなり速いです。
それだけたくさんの情報を短時間に伝えたいからですが、僕らが
それを聞いて理解できないということは殆どありません。

アナウンサーは早く話しても発音が崩れないように日頃から訓練を
してはりますからね。


ところが、僕らが同じ速さで話せますか?


おそらく無理ですね。そんな訓練してませんから。



つまり、自分の口が話せる速さより耳が捉えられる速さが速いということは、
自分が聞けるようになりたいスピードで口が動くようにしてやれば良い、
ということでしょ?


CNNくらいの速さで口が動くようになれば、その速さの英語は聞きやすくなります。

もちろん、語彙や背景知識など色んな要素が関連するので、速く喋る練習を
するだけで何でもかんでも聞き取れるようになる訳ではありませんが。


まぁ、基本的に『速く話せた方が速い英語を聞き取れる可能性が上がる』という
のは間違いないです。

だから、200wpmを目指してもらってる訳ですが、一つ、ネックがありました。


つまり、茅ヶ崎方式英語会から提供される音声のスピードが遅いということ。


目標は200wpmなんですが、LCTの速さは大体150wpm以下です。
ときには130wpmくらいのときもあります。

その速さをお手本にして、200wpmを目指すのはかなりキツイ(汗)。


特に、150wpmと200wpmでは、発音の仕方がだいぶん変わりますからね。
150wpmというのはネイティブにとってはかなりゆっくりなので、一つ一つの
音を丁寧に発音する感じになります。

語尾の子音なども割と丁寧に発音される感じ。


でも、200wpmくらいになると、一つ一つの音を丁寧にというより、全体の
流れが自然になる感じですね。

語尾の子音も、次の単語が子音で始まっていれば全体を発音するのではなく
前半部分のみを発音する“自然な発音”になります。


つまり、150wpmで読みあげているものをICレコーダーの速度調整機能を
使って200wpmにしたものと、生身の人間が最初から200wpmで
読みあげたものでは全然違ったものになるワケ。


ということで、今回、茅ヶ崎方式英語会に許可を頂いて、200wpm前後で
読んでいる音声を独自に録音することにしました。


録音しようとするとかなり失敗するのは経験上知っているので、かなりの時間を
これに充てることになると思いますが、少しでも役に立ててもらえればと思って
一歩踏み出すことにしました。



※記事中にもありますが、茅ヶ崎方式の教材(LCTも含む)は著作物です。
その録音は当該文章の翻案物にあたり、著作権者の許諾なく行うことはできません。

茅ヶ崎方式西宮北口校(プロセス英語会)は、有限会社茅ヶ崎方式英語会と
LCTの録音に関する覚書を交わし、その条件のもとで録音・使用するものです。




人気ブログランキングの応援、よろしくお願いします!

TOEIC・茅ヶ崎方式・発音@西宮北口
プロセス英語会

ラベル:茅ヶ崎方式
posted by processeigo at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOEIC・発音・茅ヶ崎方式@西宮北口
プロセス英語会